海よりもまだ深く

海よりもまだ深く

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年5月21日
製作国 日本
上映時間 117分
ジャンル ドラマ・恋愛

あらすじ

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

新着感想・ネタバレ

Miyako__Nagumoの感想・評価
ここ数年の是枝作品では、一番好きかも。
あ、私、是枝作品大好きなんで、かなーり贔屓目にみてます。

長い人生と日常の中に時々ある「非日常」を描く視線が好きなのです。

大人になって、こどものころの夢みた世界とは違う現実があって、、それでもみんなそれぞれの日常をいきている。

すべて満たされてる大人なんていない。でも、現実もそう悪くない、、
と少し思える、そんな映画。

樹木さんがいてこそ成り立つ映画であることは間違いないけど、団地サイズにはでかすぎるが、ダメ感でこじんまりみえてくる阿部寛さんの雰囲気もいとおしくなってくる。
Satoko_Suzukiの感想・評価
2016/06/17
阿部ちゃん演じる主人公が、駄目すぎて辛かったです。小道具から、細かい設定から、何もかもが痛いほどリアル。
多分ほとんどの「勝ち組(懐かしい言葉だな)」じゃない人間には、どこかしら共感する部分が見え隠れする映画ですね。
ハナレグミの音楽も出しゃばりすぎず、寄り添っていました。

すごく痛めつけられて、最後に冷たいおしぼりを差し出される、そんな一本。
ciatrをフォロー: