もしも建物が話せたら

もしも建物が話せたら

作品情報

原題 Cathedrals of Culture
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年2月20日
製作国 ドイツ・デンマーク・ノルウェー・オーストリア・フランス・アメリカ・日本
上映時間 165分
ジャンル ドキュメンタリー

あらすじ

もし建物が話せたら、私たちにどのような言葉を語り掛けるのだろうか。 建物は文化を反映しており、社会を映し出す鏡でもある。一昔前、欧米ではその街を代表する建物は教会であり、教会を見ることによってその街の文化も人々の暮らしも垣間見えた。現代におけるその街を象徴する建物とは?世界の名監督6人がそれぞれの街で人々と思い出を共有する、思い出の詰まった文化的建物のストーリーを描き出す。

新着感想・ネタバレ

____RiN____の感想・評価
初めて上京してきて東京に降り立ったみたいな、少し違うかもしれないんですが、とにかく自分の想像よりずっと洗練されたものを見せつけられた気分でした。なんというか、もっとコミカルなのを想像していたので…オシャレかよ…。

建築物に喋らせるアプローチも面白かったですし、フォーカスしている建物も有名から無名まで幅があって見やすかった。
ただ、切り取る映像がどれもこれも洗練されていて、キリッとスマートで、そこに違和感を感じてしまうのは、おそらくアジア人だからだと思います…ガチャガチャ視覚的にうるさい情景に慣れているせいか、建築ってそこまで無機的だとは思えないのですよね。もうこれは肌感覚だから仕方ないけれど。
ciatrをフォロー: