ディーパンの闘い

ディーパンの闘い

作品情報

原題 Dheepan
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年2月12日
製作国 フランス
上映時間 115分

あらすじ

主人公は、内戦下のスリランカを逃れ、フランスに入国するため、赤の他人の女と少女とともに“家族”を装う元兵士ディーパン。辛うじて難民審査を通り抜けた3人は、パリ郊外の集合団地の一室に腰を落ち着け、ディーパンは団地の管理人の職を手にする。日の差すうちは外で家族を装い、ひとつ屋根の下では他人に戻る日々。彼らがささやかな幸せに手を伸ばした矢先、新たな暴力が襲いかかる。戦いを捨てたディーパンだったが、愛のため、家族のために闘いの階段を昇ってゆく──。

新着感想・ネタバレ

potunenの感想・評価
スリランカって内戦してたの?ていうレベルやったけど、難民に対する想像力があれば問題無く楽しめる。終盤の盛り上げが以外とエンタメで予想外やった。
shortpeacehorseの感想・評価
なんと骨太な映画か。小さな幸福と安穏を求める三人のスリランカ人、彼らの灰色の共同生活を描いた作品なのだがそこに甘さはほぼ皆無。三人に次々と容赦無い現実が襲いかかる様が粛々と描かれ続ける。

ほのぼのするシーンはおろかBGMさえも極端に削ぎ落とされている映画だ。それ故か映画内にときたま描かれる安らぎのひとときが視聴者にとっても心の底から眩しく感じる。

題材やストーリーの重厚さも凄まじいが演技も素晴らしい。良くも悪くもだが何処までもリアル過ぎてドキュメンタリーを観ているかのような錯覚まで覚えた。特に第一の主人公と言えるディーパン、彼の存在感が圧倒的。必要最低限の経歴しか語られないが、彼が今まで潜り抜けてきた死線の数がありありと見て取れる。

鑑賞し始めてから知ったのだが2015年パルム・ドール受賞作品でもある。質実剛健な男ディーパンの苦悩がぎっしり詰まった物凄い作品。
Ken_Changの感想・評価
予告ではちょっとレオン的な展開を想像してたんですが、ディーパンは言うほど戦わないし、半々ぐらいで嫁と娘の描写ではなかったでしょうか?

だから決して予想を裏切られた、つまらなかったということではなく、その重厚で苦悩の募る移民の生活のリアルを三人を通して描いた内容には強く心を揺さぶられました

当然ながら偏見と差別によっていじめられる娘、若く母親ごっこすらままならない自分に正直な女、平穏を望みながら戦争から逃れられない男

私はなんと平和に能動的に生きていることか…

家族を失い、故郷を捨て新天地で生きざるを得ない感覚、銃弾飛び交う団地のヒャッハー感など、日本人にはおおよそ想像のつかない世界

ラストの夢心地感も何だか不気味なんですが、ディーパンの闘いに勝ち負けの判定はあったのでしょうか…
ciatrをフォロー: