サウルの息子

サウルの息子

作品情報

原題 Saul fia
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年1月23日
製作国 ハンガリー
上映時間 107分

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊のことである。彼らはそこで生き延びるためには、人間としての感情を押し殺すしか術が無い。 ある日、サウルは、ガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって*手厚く埋葬してやろうと、収容所内を奔走する。そんな中、ゾンダーコマンド達の間には収容所脱走計画が秘密裏に進んでいた・・・。 *ユダヤ教では火葬は死者が復活できないとして禁じられている。

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
ユダヤ人でありながら収容所で従事させられる男サウルが、死体処理中に自分の息子を見つけ、彼を正式に埋葬するために画策する二日間の物語。ナチスドイツにより迫害されるユダヤ人を題材にした映画は数あれど、これほどまでに人間を描いた映画は知りません。
サウルらが機械的にユダヤ人をガス室に送り込んで行く冒頭。カメラのフォーカスをサウルに合わせた長回しで、背景はぼやけているもののよく見れば凄惨な映像です。裸の人間が大量に倒れている。こちらに映像をフォーカスさせない演出が見事。本作で題材としたいものがよりミクロであることを示しています。サウルの心は完全に死んでいるが、息子の死体を見つけてから一心不乱に彼を正式に埋葬するために行動します。表情が一転するわけではなく、明らかに心は動き出しています。宗教、親子愛が、あまりに過酷な環境下において生への強い渇望の原動力になる。ラストは見事です。サウルの笑顔を考えれば考えるほど、震えが止まりません。
長編初監督作品でカンヌ受賞は伊達じゃない。映画を撮りなれた老練な技術に溢れているように感じました。
YU66の感想・評価
地獄絵図でした。人間としての感情があれば生きていけない信じられない事実。実際にはもっともっと考えららない悲しい事だらけだったと思います。
出来るだけ多くの人が観ておいて欲しい悲しい歴史です。
sinsi929の感想・評価
ユダヤ人の収容所で同胞の死体処理を仕事とする「ゾンダーコマンド」という組織にいる主人公サウル
ある日、息子とおぼしき死体を発見したサウルは正式な埋葬をしたいと思いラビを探して奔走する

ユダヤ虐殺の映画なので辛い描写がたくさんあります
常に画面には人の死体が映り、死体は「部品」と呼ばれ、所持品などは燃やされて生きていた証さえ奪われます

そんな状況下で少しの人間らしさを追い求めるサウルの姿がとても切ない

ドラマチックな展開などもちろんなく、淡々と映像が流れていくだけです

突き付けられた現実にただただ打ちのめされて心に深く突き刺さります

こういった事実を知るきっかけとして観るべき映画だと思います

ciatrをフォロー: