リオ、アイラブユー

リオ、アイラブユー

作品情報

原題 RIO, EU TE AMO / RIO, I LOVE YOU
製作年 2014年
製作国 ブラジル・アメリカ

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
ハーヴェイ見たさに鑑賞。
もうすぐ開幕のオリンピック開催地である、リオデジャネイロが舞台のオムニバスドラマ。
ちょっと登場人物が多いのと、よく見ていてもプロットがよく分からなかったり、とにかく物語を追うのに必死で楽しむというところまでは行かず…
とにかくハーヴェイは最高。
あの佇まい、存在感と言ったら!
s_p_n_minacoの感想・評価
パリ、NYに続いてリオ・デ・ジャネイロが舞台のオムニバス映画。ブラジルの色男ロドリゴ・サントロの他ヴァンサン・カッセルやハーヴェイ・カルテルとか登場し、監督もソレンティーノ、ステファン・エリオットなどワールドワイド。波打ち際のビキニ美女、優雅なホームレス、車椅子の金持ち、隻腕のボクサー、吸血鬼はサンバで練り歩き、バレエダンサーが踊り、子供はペレじゃない方の神と電話する。ポン・ヂ・アスーカルから見る朝日や日没、鳥目線でのコルコバードのキリスト像、もちろんビーチといった名所を美しい撮影で堪能。一番面白かったのはフェルナンド・メイレレス監督作、コパカバーナのあの歩道を行く人々の足に音楽をサンプリングしただけの映像。ジョン・タトゥーロがまたバネッサ・パラディと気障で小洒落たミュージカルをやるんだけど、ああなるほどタトゥーロってこういう人だったのね…と。
ciatrをフォロー: