四月は君の嘘

四月は君の嘘

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年9月10日
製作国 日本
上映時間 122分
ジャンル ドラマ・恋愛>恋愛>ティーン

あらすじ

完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山崎賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格―そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏をきっかけに公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。一方、かをりが抱える秘密にも大きな変化が訪れて・・・。彼女のついた嘘とはいったい―。

新着感想・ネタバレ

Shoichi_Hirakiの感想・評価
2016/09/26
toshibakuonの感想・評価
「無理かどうかは女の子が教えてくれる」良いセリフだし人生においてホントそう。原作に忠実でピアノとバイオリンの猛特訓で役作りをした2人の努力は賞賛したいけど原作のライバル達が出て来ないのが残念(むしろそのキャラ達が好きなのに)まあ尺的に全部入れるのは無理なのはわかるけど薄く感じてしまう。広瀬すずの可愛さが救いだった。
wakamewattsの感想・評価
青春学園ムネキュン映画だ。高校生の有馬公正は天才ピアニストだ。ピアニストの母親に子供の頃から厳しく教えられ、数々の賞を総なめした。しかし、性格が内気で弱虫なため、母親の死を契機にピアノが弾けなくなっていた。そんなある日、バイオリニストを目指す宮園かをりに出会う。かをりは、嫌がる公正を無理やり自分のコンサートのピアノ伴奏を強要する。しかし、公正にはピアノが弾けない理由があった。(#16- 121 )
ciatrをフォロー: