PK (2014)

PK (2014)

作品情報

原題 PK.
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年10月29日
製作国 インド
上映時間 153分

あらすじ

留学先で悲しい失恋を経験し、今は母国インドでテレビレポーターをするジャグーは、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男を見かける。チラシには「神さまが行方不明」の文字。ネタになると踏んだジャグーは、"PK" と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女がPKから聞いた話は、にわかには信じられないものだった──。驚くほど世間の常識が一切通用しないPKの純粋な問いかけは、やがて大きな論争を巻き起こし始める──。

新着感想・ネタバレ

mataro_minceの感想・評価
地球に落ちて来たインド顔アストロノウツ。母星に戻る術を取り戻す為、神々に縋ることを思いつき血に塩を舐め奔走各宗派の矛盾に凹みながらも猪突猛進する「PK」塚口2。インドのDavid Bowieに洒落っ気や色気は無いが根っからの明るさがある。涙と笑いにまみれた長編ハッピームービー。2017年1月24日 公に宗教(主に新興宗教)をココまで突き詰めて良いものかと思うほど。その刺激はコメディという水で薄められている上手さ。楽しくも真理で分かっていて誰も言わないことを映画というフィクションで見せてくれる。
beitaroの感想・評価
インド映画なのに、宗教ってどうなのって疑問を投げ掛けてる映画
coomanの感想・評価
2時間半だけど長くなかった。長かったけど辛くなかった。様々な宗教が根付いている信心深いインドと様々な宗教の文化を取り入れてるけど信仰があまりない日本。どちらの国の人が見ても楽しいんだから傑作ですね。知らんけど。
ciatrをフォロー: