クリーピー 偽りの隣人

クリーピー 偽りの隣人

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年6月18日
製作国 日本
上映時間 130分

あらすじ

犯罪心理学者の高倉は、刑事・野上から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。一方、高倉が愛する妻・康子と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。病弱な妻と中学生の娘・澪をもつ主人・西野との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。 「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」 未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりに高倉が気付きた時、康子の身に【深い闇】が迫っていた…。

新着感想・ネタバレ

potunenの感想・評価
とにかく不気味で不安というか。黒沢清監督映画の感想っていつもうまく言えないけど、なんか変なとこに連れていかれて「うわぁ…」て気分にさせられる感じ。西島秀俊に感じる違和感の正体に気づいた時の恐怖たるや。。
S_Kyawaiの感想・評価
なんだかねぇ

サイコパスはなに考えてるのかわかんない。ものなんだろうけど…
被害者側の心情とか、支配される過程がもっと伝わってくると怖さが増したんじゃないのかな

でも、ラストに泣き叫ぶ竹内結子に作品の核心を見た気がする。
香川照之の怪演もさすが。
俳優陣に捧げる★3つ
toshibakuonの感想・評価
隣の家の娘が「あの人お父さんではありません 全然知らない人です」という言葉でどんな謎が展開していくんだろうと思っていたがただのサイコパスな映画だった。人をあんなに簡単に支配できしてまうものなのだろうか?キャストが一流の人たちなのでなんとか観れたけどいろいろ無理がある。
ciatrをフォロー: