聖の青春



聖の青春

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年11月19日
製作国 日本
上映時間 124分

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖七段(松山ケンイチ)は、将棋七大タイトルの最高峰・「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居もした森師匠(リリー・フランキー)の元を離れて上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、家族や仲間は反対する。しかし、幼いころから将棋にかけてきた聖を見ている森師匠は、優しく聖の背中を押した。  東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、彼の将棋にかける思いを理解し、陰ながら支えた。その頃、同世代の棋士・羽生善治(東出昌大)が前人未到のタイトル七冠を達成する。聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は、王者・羽生を倒して「名人」になるため、一層将棋に没頭、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんなある日、聖の身体に癌が見つかる。「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」と医者は忠告するが、聖は頑なに将棋を指し続けると言う。だが、彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた。

新着感想・ネタバレ

mataro_minceの感想・評価
12月6日塚口4。
HMworldtravellerの感想・評価
対局中の息詰まるような沈黙。あらゆる選択肢の何手も先を読む棋士たち。勝負の緊迫感や張り詰めた空気が好き。それがスポーツでも将棋でも、そこに全身全霊をかけて挑む者が放つ「気」や「熱さ」を感じるから。

「聖の青春」を観た。
最近観たばかりの「デスノート」のLの顔とあまりにも違う、風船のように膨れた顔の松山ケンイチ。松山ケンイチは本作の役作りのために20kg以上の増量をして臨んだらしい。Lの演技がまだ記憶に新しい私にとっては フライヤーで見る彼の顔はちょっとした驚きだった。

そして彼が演じる村山聖という人物。将棋のことをあまり知らなくとも、羽生善治の名前や かつて7冠を制したことを始めその戦績が輝かしいことくらいはさすがに知っている。村山聖は、その羽生善治を脅やかす才能を持ちながら病いで夭折したという。

すごく月並みだけれど、鑑賞後 思ったのは一瞬一瞬を大切に生きたいということ。命は皆 有限なのに 今が 曲がりなりにも健康体だと 人は 命が有限だということをつい忘れてしまいがちになる。聖の「今しかない」という叫びは 自分の命が長くないことを知っていたからこそだけれど、これは私達 皆に当てはまる言葉だと思う。明日の命を保証されている人は1人としていないのだから。

劇中の対局シーン、病いのせいで 聖はとても辛そうで、しかし、鬼気迫るようなものを醸し出している。一球入魂ならぬ『一駒入魂』。映画では少年...
wakamewattsの感想・評価
大阪の出身で、羽生と戦った将棋八段大山聖の物語。幼いころ腎臓病で入院してる間に将棋を覚えた。その後、将棋に才覚を発揮。しかし、腎臓病が持病になり、更に癌を患い、若くして亡くなった。(#16-159)
ciatrをフォロー: