聖の青春

聖の青春

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年11月19日
製作国 日本
上映時間 124分

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖七段(松山ケンイチ)は、将棋七大タイトルの最高峰・「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居もした森師匠(リリー・フランキー)の元を離れて上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、家族や仲間は反対する。しかし、幼いころから将棋にかけてきた聖を見ている森師匠は、優しく聖の背中を押した。  東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、彼の将棋にかける思いを理解し、陰ながら支えた。その頃、同世代の棋士・羽生善治(東出昌大)が前人未到のタイトル七冠を達成する。聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は、王者・羽生を倒して「名人」になるため、一層将棋に没頭、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんなある日、聖の身体に癌が見つかる。「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」と医者は忠告するが、聖は頑なに将棋を指し続けると言う。だが、彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた。

新着感想・ネタバレ

Tanaka_Hirofumiの感想・評価
何かにひたむきに生きるということは尊敬に値する

役者みな名演(東出さんはあまり好きでなかったけれどもハマリ役)
Ayano_Nagashimaの感想・評価
基本的にとても静かで、駒の音がよく響く。将棋がわかれば、もっと面白いんだろうな……
映画はレイトショーでポツポツとしか人がいない映画館で見ることが多いのだが、上映館が少ないからか最終日最終回でかなり人がいた。くすくす一緒に笑うのは違和感がある。原作は既読。
@新宿ピカデリー
Waonの感想・評価
2016.11.27[89作目]
映画館。原作本がとても好きだったので、鑑賞。そのため、期待値がかなり高まっていたが、それでも面白かった。映画ということで大人になってからのパートが大半だったが、そのおかげで見ていて忙しかったり、話について行くのが大変ということはなかった。一緒に見に行った友達は原作を読んでなかったが、分かりやすかったと言っていた。
普段のシーンが落ち着いていたものだっただけに、激しいシーンとのギャップがあり、より激しく感じた。また、それが聖から湧き上がってくる、突沸してくるように感じ、良かった。
ciatrをフォロー: