ゴーストバスターズ (2016)

ゴーストバスターズ (2016)

作品情報

原題 Ghostbusters
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年8月19日
製作国 アメリカ
上映時間 116分
ジャンル SF・ファンタジー>SF

あらすじ

ニューヨーク。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートは世界初の心霊現象の科学的立証のため、日夜研究を重ねていた。 しかし、大学側に一方的に研究費を打ち切られたことをきっかけに、その知識と技術を活かすため、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業するが―。

新着感想・ネタバレ

myaniaの感想・評価
吹き替え版で観たから
コメディ要素しかなかった笑
ErikaEleの感想・評価
期待し過ぎたのかも。
言葉の壁で伝わらない部分があるにしても笑えないギャグに終始シラケちゃった感。リブート作品なのは分かるけど昔の面白かったゴーストバスターズの遺伝子だけは受け継いでほしかった。
HMworldtravellerの感想・評価
【オバケ + コメディ = とことんお馬鹿な脱力系映画】
今さら感全開だけど、これはオリジナル作の続編ではなくリブートだと知って愕然(°▽°) 笑。オリジナル作を観てこちらを観ると映像はこちらの方が断然キレイだし、オリジナルへのオマージュも感じる。けれど、1作目のあのチープではっちゃけた愛すべきバカバカしさに比類無き楽しさを感じたので、それを超えるインパクトを感じ取ることができず、消化不良に終わってしまった。

本作では、脈絡無いままに 気分がアガる あのノリのいい音楽も登場時間は少なめ、小ネタは今ひとつ私の笑いのツボに刺さらず。リケジョを中心とした4人の主要キャラも いい味出してはいるけれど、個人的心象としては1作目のビル・マーレイに敵わない。もっとも これは、単に私が、おとぼけた中にもどこか知的な香りがして でもやっぱり緩くて 温かいという 絶妙な空気を醸し出すビル・マーレイが好きだから そう感じてしまうのかもしれない。

人生の負け組だった人間がある日突然hero ( heroine )になり活躍するというのは コメディの王道パターンの1つで、最近観たピクセルなども同ジャンルだと思う。自分の好みで言えば、ピクセル以上、オリジナル版ゴースト・バスターズ未満という感じだった。キャスティングでは、女性4人よりも、クリス・ヘムズワースのお馬鹿っぷりのほうに軍配を上げたい。いずれにしても、肩肘張らずにお気楽に観ることができるのは間違いないので、シリアスな映画に疲れた時にお勧め。

p.s.) どうでもいいことだけど、オバケの禁止マーク、1984年版ど2016年版ではオバケの向きが逆なんですね〜。たった今気がつきました。

ciatrをフォロー: