ヒメアノ~ル

ヒメアノ~ル

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年5月28日
製作国 日本
上映時間 99分

あらすじ

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田(濱田岳)。同僚の安藤(ムロツヨシ)に、想いを寄せるユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれ、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(森田剛)と出会う。 ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯する。

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
登場人物のキャラがどれも強烈。グイグイ進むストーリーに釘付け。森田剛の狂気と濱田岳の無垢さの対比が面白かったです。
最後まで目が離せませんでした。
mamomamo31の感想・評価
森田くんの経緯が知りたかった。
traumereiiiの感想・評価
序盤はカフェ店員に恋をしたムロさんとそのバイト後輩の三角関係の恋愛模様。ムロさんが際立っています。くすくす笑えるレベル。岳くんの「え・・・」って引き気味な演技も笑えます。

岳くんとカフェ店員が付き合ったところから別の物語が始まるようです。まさに別物。ほのぼのラブコメからサイコ・スリラー&スプラッターに急降下。たまにムロさんが全力で笑わせてきますが、感情がついていきません。

森田があれ程の事件を起こしているのに、カフェ店員が1人で買い物に行くとか、不用心にも程がある。とりあえず実家帰れよも~!!とか思ってしまうくらい、森田が恐ろしい。もうジャニーズがやっていいレベルを越えてしまった。

結局誰も救われないです。悪の教典やヒーローショーみたいな胸糞感、後味の悪さ満載でしたが、圧倒はされました。
口直しにムロツヨシのスピンオフが欲しかったです。ほんと。
ciatrをフォロー: