ヒメアノ~ル

ヒメアノ~ル

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年5月28日
製作国 日本
上映時間 99分

あらすじ

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田(濱田岳)。同僚の安藤(ムロツヨシ)に、想いを寄せるユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれ、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(森田剛)と出会う。 ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯する。

新着感想・ネタバレ

ryoc_teaの感想・評価
狂気のセンスを感じました。後味は良くないけど映画としては好き
Rihoの感想・評価
前評判を聞いてたのでかなりビビりながら鑑賞(しかも何故か女子会で)
濱田岳、腕がぷにぷにだと盛り上がった(女子会っぽい)
マンガだとキツいシーンを進むスピードをコントロールできるけど、映画はそれができない!怖い!!とにかく怖かった。。
後半はほぼ、指の間から見る展開だったので、採点不能です。がっつり見てたらきっと終電で帰れなかったものと思われます。
Yuzukappaの感想・評価
完璧な1時間半だった。
なにより、サイコホラーというジャンルものかと思いきや、普遍的なテーマとリンクし、
ほんとに、明日から人に誠実に生きなきゃと
思わせてくれる展開と映画的なダイナミズムに唸った。
吉田監督はさんかくで大好きで、そのコミカルなキャラクター設定と翻ってその実在感のバランスが見事だと思っている。今回も安藤さんと森田くんのシーンでこいつらが対峙したらどうなるんだよ!!と思わざるにはいられない、絶妙のキャラクター設定だった。ワクワクした。
またバイオレンス描写が素晴らしい。
個人的には北野武監督はよりも断然うまいと思ってしまった。暴力を見せることに映画のテーマに沿ったしっかりとした意味があるのだ。
あと女性を可愛く見せることに対して吉田監督は園監督以上だ。
そしてなによりセリフにまったくの無駄がない。ほんとに心地よいリズムで物語がすすむ。
奪う側はいつも奪い、
奪われる側はどんどん奪われる。
どこで別れてしまったのか、、。
感動しすぎているので、冷静を保つためにとりいそぎ、、覚え書き。
とりあえず、シンゴジラよりも絶望した。
ciatrをフォロー: