マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

作品情報

原題 Where to Invade Next
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年5月27日
製作国 アメリカ
上映時間 119分

あらすじ

超過激なアポなし突撃取材で、社会問題を一刀両断してきたマイケル・ムーア。アメリカの銃規制をテーマにした『ボウリング・フォー・コロンバイン』で米アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞を受賞、対テロ戦争を題材にした『華氏911』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞、『シッコ』ではアメリカの医療制度に、そして『キャピタリズム~マネーは踊る~』では資本主義に深く切り込んだ。しかし、待望の最新作『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』はいつもとはどこかが違う!なんとムーアはこれまで一貫して批判してきたはずの権力の片棒を担ぎ、アメリカの “侵略”政策に参加してしまうのだ!ムーアに課せられたミッションは、世界のジョーシキを根こそぎ略奪すること―。今のアメリカに最も必要なものなのだ。 “侵略”する先々で知ることになる事実、ちりばめられたブラック・ユーモア、予定調和で終わらない“侵略”行為。アメリカ人だけでなく、我々日本人も、いや世界中の誰が見ても驚きと笑いと感動を隠せない、マイケル・ムーアの集大成作品がついに完成!

新着感想・ネタバレ

mataro_minceの感想・評価
1945以降負けまくるUSA。再度偉大な帝国たらしめんとマイコウ監督をヨーロッパに投擲、優れた文化を奪う尖兵と成らん「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」塚3。掬い取った社会保障の上澄みを味わいわざとらしく膝を落とすマイコウ。足りないのは承知!欧州の国と民のあり方を見せてくれる。2016年7月22日
bluegirl_beerの感想・評価
マイケルムーアが各国を飛び回り、その国のもつ優れたアイデアを母国アメリカに持ち帰るというコンセプトの映画。
このアイデア自体が素晴らしい事は言うまでもないが、それぞれの国に特徴があって面白かった。
ドイツのケースは、日本人にも当てはまるのでは?
ciatrをフォロー: