SCOOP!

SCOOP!

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年10月1日
製作国 日本
上映時間 119分

あらすじ

かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマン・都城静(福山雅治)。しかし、その輝かしい業績も、現役の雑誌編集者たちにはほとんど知られてない。過去のある事件をきっかけに報道写真への情熱を失ってしまった静は、芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身。それから何年もの間、自堕落な日々を過ごしてきたのだ。そんな彼に、再び転機が訪れる。ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」に配属されたばかりのド新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組まされる羽目になってしまったのである。案の定まったく噛み合わずケンカばかりの静と野火。ところが、この凸凹コンビが、まさかまさかの大活躍で独占スクープを連発!そしてついに、日本中が注目する重大事件が発生する…。

新着感想・ネタバレ

coli321の感想・評価
ラブシーンいらない。
mazda620の感想・評価
毎年毎年なにかしら騒ぎにはなるけど2016年の上映はとてもトレンディーな映画といえるかもしれない。
どんな汚い手を使ってでも手に入れてこそスクープ。感情なんて微塵もない。話題性。うけるかうけないかそれだけ。汚いやり方と思ってもカメラの先の彼等の方がよっぽど汚いので、読者はパパラッチの残酷さなんてちっとも気にしない。そういうものに好奇心がうごく読者だって、痛い目にあう姿をひそひそ笑いして見下してるのだから。そもそもきれいな心で読む本ではないだろう。
観たい映画ではあったけど予告で想像していた通りのクオリティ。予告で描かれてる以上の面白さはなく、つまらないというほどでもないけど、面白い映画とは言えない微妙なラインを最後まで保ったまま終わる。上がることも下がることもなかった。
『ナイトクローラー』みたいのを期待したものなら当然素っ転びます。邦画も好きな作品はたくさんあるけど、どうして日本とアメリカじゃ同じことをやってもこんなに違うのだろうか。。。
胸糞悪いレベルの低評価作品の方がある意味まだマシかもしれない。ふっつー、っていう映画は良い部分も悪い部分も残らないので数ヶ月したら完全に印象を失くす。嫌いな映画の嫌いなところの方がよっぽど覚えてる。映画として中途半端なのだから私たちがうける感じ方も当然半端でムズムズしたきもちが残ったまま解消されずに映画館を出る。
雑誌が売れない時代と言われるな...
1919mapの感想・評価
個人的に1番よかったのはリリー・フランキー
あとは吉田羊がめっっっちゃイイ女だった
物語が進むにつれて徐々に地味になっていく二階堂ちゃんの服装もよかった
ciatrをフォロー: