バルスーズ

バルスーズ

作品情報

原題 les valseuses
製作年 1973年
日本劇場公開日 1975年10月18日
製作国 フランス

新着感想・ネタバレ

Keimiyazatoの感想・評価
公開当時は大した評価をされていなくても次第に存在が大きくなる作品がたまにあります この作品もヒットしたのは知ってましたが ネットで見ると゛ヌーベルバーグ以降一番の衝撃゛とか時計じかけのオレンジを上回る なんて感じで絶賛の嵐、初見は中学生の時で その時洋画ではNo.1で好きだった禁じられた遊びのブリジッド・フォセーが列車で赤ちゃんに授乳中ドパリュデューに犯されるシーンでゲンナリでブルーな気持ちになり観るのを止めたのを覚えています、ジャンヌ・モローにも変な役をさせていたり確信犯的な悪意を感じる、2度目は高校生の時に友達と観てオープニングシーンの強烈さにやられて引き込まれました、今観るとどうなんだろ?因みにバルスーズとはフランス語でワルツを踊る女性で 隠語として金玉の意味もあるそうです、ワルツを踊ってるように見えるか皆さん鏡で確かめて下さい。
ciatrをフォロー: