JOY

JOY

作品情報

原題 joy
製作年 2015年
日本劇場公開日 2015年11月30日
製作国 アメリカ

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

skr_icjの感想・評価
お手軽なモップを発明し、最終的に成功する女性の話。シングルマザーで、子ども、父親、別れた旦那さんまでお世話している彼女が、悪状況のなか栄光の道へ。ああ、ジェニファーローレンスはどの役でも自分のものにしてしまうなあ。苦しいシーンが多くて、早く成功させてあげて...ともやもやしていたけど、その分TVショッピングでどんどん売れていくシーンはにやけてしまった。
HMworldtravellerの感想・評価
【必要は発明の母】
Aero mexico 機内で鑑賞。
コンカッションもこれも何の知識もなく新作だという理由だけで選んだのに偶然にも連続ノンフィクションを引き当ててしまった。「ジョイ」は“ミラクルモップ”などのアイデアグッズを発明し、普通の主婦から実業家となり億万長者となったジョイ・マンガーノの半生を描く映画である。

ジョイは何しろアイデアと野心とバイタリティと行動力に溢れた女性。旦那と別れ2人の子の世話と日々の仕事に明け暮れ忙しいのに加え、同居する母親は家事をすべてジョイに押し付け、母親と離婚した父親も、別れた自分の旦那もなぜか皆ジョイの家に居候。不謹慎ながら笑ってしまうほどイレギュラーな環境と大き過ぎる日常的負担だ。

だが、観終わってみると、この大き過ぎる負担がジョイの成功のトリガーであり触媒になったのだということがよくわかる。子供の頃から物作りが得意だったとはいえ、「日々の家事の手間を少しでも減らしたい」「家族の世話に忙殺される人生を何とかしたい」という切実な気持ちが無ければ具現化には至らなかったのではと思う。まさに「必要は発明の母」を地で行く人生だ。

パワフルで失敗や詐欺にも挫けないジョイには同じ女性として惹かれるし、主演ジェニファー・ローレンスはとても良かった。困難や逆境を物ともせず努力や信念で克服していく話も大好物。が、映画としては実はあまりノレなかった。好きな...
ciatrをフォロー: