10 クローバーフィールド・レーン

10 クローバーフィールド・レーン

作品情報

原題 10 Cloverfield Lane
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年6月17日
製作国 アメリカ
上映時間 104分
ジャンル SF・ファンタジー

あらすじ

ある日、目を覚ましたら、自分がシェルターの中にいることに気付いた若い女性。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話す見知らぬ男との共同生活が始まる。果たして見知らぬ男は信用できるのか?それとも彼女の知らない目的があるのか?トレーラーのクライマックスではシェルターから抜け出そうとする女性の表情で終わる。シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

新着感想・ネタバレ

TORABISU777の感想・評価
「伏線」という言葉の無駄遣い。
shortpeacehorseの感想・評価
2016年最後に観た映画はコレだった、10クローバーフィールド レーン。
期待外れとは言わないけれども思ったよりもドキドキワクワク観れはしなかったというのが正直なところかも、ぶっちゃけこの映画の存在を知って「観たい!」と思っていた時が興奮の最高潮だった。

クライマックスでガラリと雰囲気は変わるものの、変わる前の方が面白いというちょっぴり残念な感想を抱いてしまった。
ネタバレ厳禁な映画なので極力ストーリーには触れないようにしたい、僕は「霧は吸い込んでいないから開けろ!」のあたりが一番ハラハラして楽しめた。
ていうかアレだ、いくらなんでもこのポスターで宣伝したのは失敗でしょう。

2016年最後の映画プラス2017年最初のレビューなのに中々シビアな言葉ばっかりになってしまった。でも、年初めだから!みたいな理由で正直ではないレビューを書くのはよりいけない事だと思うので思ったことをそのまま書きました。

あけましておめでとうございます、皆様今年もよろしくお願い致します。
Shinya_Agoの感想・評価
グローバーフィールドの方が面白かったな。趣旨っていうか目線を変えたわけだよね 未曾有の出来事にパニックする人々じゃなくて ミクロ的に とある場面で出会った数人だけにスポットを。という。
ciatrをフォロー: