何者 (2016)

何者 (2016)

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年10月15日
製作国 日本

あらすじ

就活の情報交換のために一つの部屋に集まった、5人の22歳。 かつて演劇サークルで脚本を書いていた、人を分析するのが得意な拓人(佐藤健)天真爛漫で何も考えていないようで、着実に内定に近づいていく光太郎(菅田将暉)。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せ続ける、実直な性格の瑞月(有村架純)。人一倍「意識高い系」でありながら、結果が出ず不安を募らせていく理香(二階堂ふみ)。社会の決めたルールには乗らないと宣言しながらも、焦りを隠せない隆良(岡田将生)。 海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺、SNS、業界の人脈…。様々なツールを駆使して戦っていく就活生たち。 企業に入れば「何者」かになれるのか、自分は「何者」になりたいのか...。 そんな疑問を抱えて就活を進める中、5人はそれぞれの思いや悩みをツイートするが、一緒に過ごすうちに、就活のやり方やスタンスに嫌悪感を覚えることもあり、徐々に人間関係が変化していく。そして拓人はサークルのOBのサワ先輩(山田孝之)に相談するも、思うようにいかない現実に苛立ちを隠せなくなる。 やがて「内定者」が現れたとき、抑えられていた妬み、本音が露になっていく。 そして、ようやく彼らは自分を見つめ直す。

新着感想・ネタバレ

coomanの感想・評価
原作を読んでたので鑑賞。細かいとこまで覚えてなかったが割と原作に忠実だったと思う。ただ有村架純に感情移入できず応援できなかったのは演技のせいかな。ラストの見せ方は映像ならではで良かった。
furu02の感想・評価
原作を先に読んでからの鑑賞。さすがに原作の方が面白かったけど、まぁまぁまとまってた印象。まさに今就活を始めようとしている自分にとっては見てて嫌になる事もあったけど頑張って立ち向かおうという気になれた…かな...。お目当ての光太郎のライブシーンも楽しめたので満足。何より驚いたのが、光太郎のバンドの曲3つのうち1つの作詞作曲がLAMP IN TERRENの人だったこと...こんな事ってあるのって感じ。笑
chaso1203の感想・評価
就活じゃなくてもよくみる人間関係かなあって。
原作知らないけど、
2時間でわかりやすく描かれてたなあ◎
ciatrをフォロー: