後妻業の女

後妻業の女

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年8月27日
製作国 日本
上映時間 128分

あらすじ

「武内小夜子、63歳、好きなことは読書と夜空を見上げること…わたし、尽くすタイプやと思います」結婚相談所主催のパーティで可愛らしく自己紹介する小夜子(大竹しのぶ)の魅力に男たちはイチコロである。耕造(津川雅彦)もその一人。二人は惹かれあい、結婚。幸せな夫婦生活を送っていた、はずだった―――。2年後耕造は亡くなり、葬式の場で耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)は、小夜子から遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。納得の行かない朋美が調査をすると、衝撃の事実が発覚。小夜子は、後妻に入り財産を奪う“後妻業の女”だったのだ!そして、その背後には結婚相談所・所長の柏木(豊川悦司)がいた。 「結婚相談所に限って言えば、男の高齢者がよくモテる。第一条件は資産があること。持病があればなおいい。看取る時間の効率が良いから女同士の取り合いになったりする…」 次から次へと“後妻業”を繰り返してきた小夜子と柏木、二人を追及する朋美と裏社会の探偵・本多(永瀬正敏)、小夜子の次のターゲットでありながら彼女が本気で愛してしまった不動産王・舟山(笑福亭鶴瓶)、そして彼らを取り巻くひと癖もふた癖もある人々…。 今、愛とお金をめぐるドラマが始まる――!!!

新着感想・ネタバレ

mazda620の感想・評価
『釣った魚に餌やってたらいつまでたっても死なないでしょ。』
結婚相談所ぐるみの婚活殺人事件。資産があり持病があることが裏条件で、再婚したいじいちゃん達をつぎつぎに(死に)おとす悪女は大竹しのぶ。
なんて素晴らしい娯楽映画!今までの夫が何人も死んでいて、蓋をあけてみれば資産目的の詐欺だったっていう事件は実際にもあるし、現実世界じゃとても笑い話にはできないんだけどね。コメディとしてうまく落とし込んで、映画だから面白いという視点を大事にして作ってるから終始ひたすら笑える。
じいちゃんばあちゃんの恋愛を描いてるとは思えないほど良いテンポだからぐいぐいのめりこんでく。ゲスいゲスいゲスい、ゲスいけどこれが本当の女子力というと思う。超絶女らしいと思う。ぶりっ子だとわかっていても可愛いものは可愛い、悪女だとわかっていても恋に落ちてしまう。観ているこっちは裏での立ち回り方を知っているから、「良い女」にはとても見えないのに、全身から湧き出るようなフェロモンに圧倒されて、不思議な魅力を感じてしまう。
予告でも描かれてるような細部のシーンだけで充分満足度の高い笑いで満たされるのだけど終盤の展開も、私が想像していた流れとは違って、意外性があって良かった。最後までこの女はすごい。まさにバケモノ。絶対敵に回したくないタイプ。大竹しのぶの役への入り込み方も圧巻だけど、個人的には鶴瓶師匠のキャラクターもドツボでし...
yupiberryの感想・評価
結末に向けてストーリー展開がざっくりしている感が否めないものの、大竹しのぶさんのふてぶてしさとトヨエツの胡散臭さは最高。
Junichi__Nakamuraの感想・評価
20160827
ムービル
ciatrをフォロー: