ハドソン川の奇跡

ハドソン川の奇跡

作品情報

原題 SULLY
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年9月24日
製作国 アメリカ
上映時間 96分

あらすじ

生死を分けた30秒――。その時、一体何が起きたのか? 全世界が目撃した“奇跡”、その知られざる真実。 2009年1月15日、極寒のニューヨーク。160万人が住むマンハッタン上空1,000メートルで突如起こった航空機事故。全エンジン完全停止。制御不能。機長は高速で墜落する70トンの機体を必死に制御し、目の前のハドソン川に着水させ乗員乗客155名全員無事に生還させる。着水後も浸水する機内から乗客の避難を指揮した機長は国民的英雄として称賛される。だがその裏側では彼の判断をめぐり国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた…。

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
無事にハドソン川に着水させたってのに、その判断是非を問われる機長はつらいよ。機長と国家安全委員会の対立構図は、机上の計算VS昔気質の現場主義みたいな。紙一重の賭けかもしれないが、だからこそ奇跡は起きるし、イーストウッドはトライ&エラーこそヒューマニティだと示しているようだった。大衆は人間らしい英雄を求める訳で、これもアメリカン・ヒーローの系譜に連なる物語なんだよね。
電話やボイスレコーダー、管制官など声の持つ説得力が効いていて、ベテラン客室乗務員のかけ声も印象的。機内の様子を何度も小出しにしつつ、最後に全容を見せるのがニクい。たらればの可能性が幾通りものサリー機長像を作り出し、最後に一つの姿へ収束するカタルシス。最低限の情報と90分弱の尺でシンプルにサクッと、あそこで終わるのが短編小説みたいな切れ味だ。ポロローンと流れるピアノ、如何にもCGっぽいCG使いもイーストウッドらしい。白髪のトム・ハンクスはちょっとイーストウッド風に見えるというか、もう少し若ければイーストウッド自身が演じてそうなイメージ。
どうでもいいけど、gleekとしてはカートの父さんにカロフスキー、更にエマ先生のママまで出てたのがツボ!
2jthd6upの感想・評価
2016.09.28 TOHOシネマズ日本橋

超面白かった!
最初はあんまり盛り上がりがなくて隣のお姉さんは寝てるし
「あーこれ失敗したな」って思ってたんだけど
事故前の緊迫感と事故後の周囲のフワフワした高揚感と落ち着いてからの迷いと
言い方おかしいかもしれないけどこの監督映画作るの上手いな!って思った
時系列入り乱れて構成されてるんだけど、それがすごく効いてる


予告編の印象と本編の印象が違うから、見てよかった!って私は思ったけど思ってたのと違うってなった人もいそう
yusaichikuの感想・評価


仕事を全うする、
誇りを持って、きちんとやり遂げる。
それは、経験と仲間と意志があって
成り立つものなのだと教えられた。


ciatrをフォロー: