超忍者隊イナズマ!

超忍者隊イナズマ!

作品情報

製作年 2006年
製作国 日本
上映時間 45分

新着感想・ネタバレ

Land_of_Mineの感想・評価
2076年のテレビバラエティ企画『超忍者隊イナズマ』を創り上げる若者たちの物語。コメディタッチのヒーロー映画。常に新しいものが求められるエンターテイメントの流れを風刺しながらも、原点回帰に意味を見出す。近未来のテレビらしく、タイムスリップしたロケや宇宙ロケが当たり前になっているのが面白い。東映ビデオらしく、太秦ロケによる時代劇になっており、キャストが意外に豪華!典型的なヒーロー戦隊もののプロットをなぞりながらも、何故か巨大化するとロボットではなく、忍者らしくレッドの影が現れる。序盤、「嘘」の要素を仄めかすことにより端的にTVを風刺しながらも、街の落ちこぼれたちが自信を付けていく事により、最終的にテレビが人々に勇気を与えてくれることを示しているようだ。

「誰の胸にも正義は宿る!正義に恥じない自分を目指せ!」落ちこぼれの若者たちが自身を取り戻すサクセスストーリーへのメディアとしてのテレビの関わり方が興味深い。力を貸す事はあっても、実際に努力するのは被写体側。その姿を時にフィクション、時にドキュメンタリーとして世間に伝えていく役割を仄めかしているように思える。
ciatrをフォロー: