映画 聲の形

映画 聲の形

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年9月17日
製作国 日本
上映時間 129分
ジャンル アニメ

あらすじ

“退屈すること”を何よりも嫌う少年、石田将也。 ガキ大将だった小学生の彼は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。 彼女が来たことを期に、少年は退屈から解放された日々を手に入れた。 しかし、硝子とのある出来事がきっかけで将也は周囲から孤立してしまう。 やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。 “ある出来事”以来、固く心を閉ざしていた将也は硝子の元を訪れる。 これはひとりの少年が、少女を、周りの人たちを、そして自分を受け入れようとする物語――。

新着感想・ネタバレ

maglmagの感想・評価
内容:
かなり好きでした。重々しい感じ、「死」について主人公がどれほど考えたかよく伝わる作品でした。いじめ、いじめられてきた友人が大人になってかっこよくなってたり、強くなっていることをよく見受けますが、人間関係についてよく考えられた作品だと思います。
主人公の直球な発言も的を得ていてすごくいいなぁと思いました。
聴覚障害のヒロインを強調させつつも、主人公の心の聴覚障害を取り除いていくという意味での「聲の形」という題名も素敵だと思いました。

映画としての演出など:
もう少し凝ってほしかったというのが第一印象。顔にバツマークはいただけないかなぁと思った。モザイクとかのっぺらぼうとかの方がよかったかなと。
絵は全体的に綺麗めだったけれど、映画館で見なくてもいいなと思った。
せっかく映画としてやるならもっと演出を凝ってほしいかなぁ。
あとは漫画をまだ読んでいないのですが、かなり駆け足感はあった。
iwawawawahの感想・評価
(なんでか誤まって消してしまったので再投稿。。)
友人にすすめられて映画館で。原作は未読。それぞれのキャラクターとその状況が嫌でも自分の経験と重なるので心がザワザワします。鑑賞直後はなんとも言えない気持ちに。
個人的には最近見たアニメーション映画の中だと君の名はより好き。
matsusatoの感想・評価
脇役たちいいし最後も後味悪くないからいいけど、あんまりいい気分では見れなかったね!
もう1回は見たくないかな☆
ciatrをフォロー: