ロスト・バケーション

ロスト・バケーション

作品情報

原題 The Shallows
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年7月23日
製作国 アメリカ
上映時間 86分

あらすじ

亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。そこはサーファーにとって最高の楽園。医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。地形、波、風。全てが完璧だった。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となる為の勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。 脚を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。 極限の恐怖にさらされながらも、ナンシーは冷静に生き残るためのプランを練り始める。医学の知識を活かし着用していたラッシュガードを使い止血。満潮までの時間を計算。サメの動きのパターンを解読…生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは―。

新着感想・ネタバレ

tremolo779の感想・評価
サメのパニック映画って、設定がトンデモだったり、ちょっとギャグに走り過ぎなのが多い印象だったんだけど、これは真面目に(笑)サメが襲って来る恐怖が描かれてる。
サメも休み無く襲ってくるわけじゃなくて、ナンシーがいる岩場の周辺をぐるぐるしている。
助けが呼べない状況。安全に見える岩場も潮が満ちれば海の中。
足にはサメに襲われた傷。
じわじわタイムリミットが迫る不安感や恐怖を煽る状況設定が良かった!
ただ、ナンシー逞しすぎるでしょ。笑
skr_icjの感想・評価
サメに襲われるパニックもの。ほぼブレイクライブリーの一人芝居。痛々しく、恐ろしい。孤独の中、希望と絶望を行ったり来たりしながら脱出を試みる。そばにいてくれるカモメの愛らしさに少しだけほっこりできるものの、その他の描写は容赦ないので何度か目を背けたくなった。上空や岸辺からの引きのシーンも効果的で良い。
EllyMimyの感想・評価
今まで観たサメ映画の中でもかなり上位に位置するであろう作品でした。
ブレイク・ライヴリーの身体を張った演技はリアルすぎて目が離せませんでした!
観る価値ありのサメ映画です。
ドキドキが最後まで止まりませんでした。
ciatrをフォロー: