すれ違いのダイアリーズ

すれ違いのダイアリーズ

作品情報

原題 Khid thueng withaya
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年5月14日
製作国 タイ
上映時間 110分

あらすじ

ソーンはいい奴だけどかなり情けないお気楽男子。恋人に定職を持つように叱られて、仕方なく仕事探しを始めたものの、ようやく見つけた仕事は、電気なし・水道なし・携帯電話もつながらない僻地の水上学校の先生だった……。 赴任したものの、スポーツしか自信がないソーンは毎日失敗ばかり。ある日、前任の女性教師エーンの日記を見つける。そこには、自分と同じように僻地の学校で寂しさを感じ、子供達の教育や恋人との関係に悩む、エーンの正直な心の中が書かれていた。その悩みに共感したり、ある時は教え方を学んだりするうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまう。はたして───。

新着感想・ネタバレ

s_p_n_minacoの感想・評価
水上学校に赴任した新米教師ソーンと前任のアーン先生、日記を通じて重なる2人の日々。見知らぬ同士がやがて繋がっていくまでの、『めぐり逢い』みたいに古典的なすれ違いの過程がナイス・ベタ!粗末な水上学校と素朴で可愛い子供たち、厳しくも豊かな自然環境、ランタン祭りの美しい光景など、出てくる要素は今どきの邦画とさほど変わらない気がするが、タイ映画だとどうして違うんだろう。まあ、『ヒース・レジャーの恋のから騒ぎ』を引用するロマコメ邦画はないか…。ベタだけど笑いも泣かせも一つ一つ丁寧に積み重ねられるので、2人の出逢いが実に爽やかだ。俳優も美男(マッチョ)美女。日記や黒板に書かれたタイの文字が可愛い!
loomisの感想・評価
しょっぱなから音楽がうるさい。ああ、こうゆう映画か、とちょっと気が落ちる。いちいち情緒たっぷりでしらける。

内容は最初の構想では恋愛要素なかったみたいだけど、ラブストーリーが強め。

会ったこともない相手を日記を通じておもうってゆう愛のかたちは非現実的で理想化されてて、まったくグッとこないけど面白くはあった。

背の高さが刻まれてる柱で、目に見えぬ相手を想像してたり、なにかを介して相手とつながるかたちは素敵。

教育問題とかそのへんの線引きについての問題は面白い題材。

あそこで浮気して別れるのはご都合主義を感じるし、ハッピーエンドはやっぱ好きになれない。このまま別れて婚約者とより戻してれば面白いのになあと感じながら、でもやっぱハッピーエンドになるよね、この映画だったら、と思いながら幕。
ciatrをフォロー: