BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

作品情報

原題 THE BFG
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年9月17日
製作国 アメリカ
上映時間 118分
ジャンル SF・ファンタジー

あらすじ

ロンドンに暮らす、好奇心旺盛な10歳の少女ソフィー。ある真夜中、彼女は窓から侵入した “巨大な手”によってベッドから毛布ごと持ち上げられて、“巨人の国”に連れ去られてしまう。ソフィーを連れて行ったのは、夜ごと子供たちに“夢”を送り届ける、やさしい巨人BFG(=ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)だった。 ひとりぼっちだったソフィーは、巨人にしては優しすぎる孤独なBFGと心を通わせ、いつしかふたりの間には身長差6メートルの“奇妙な絆”が生まれてゆく。しかし、BFGとは正反対の凶暴な巨人たちによる恐るべき計画が…。このままではイギリスの子供たちが危ない──。この危機を救う唯一の鍵は、何事も恐れない小さな少女ソフィーの勇気だった…。

新着感想・ネタバレ

skr_icjの感想・評価
イギリスはファンタジーが溢れている。ソフィーの好奇心溢れる行動を優しい眼差しで見つめるBFGにうるうるしてしまう。わたしもBFGを見つけたい。チャーミングでくすっとしてしまうシーンが多くほっこり。子どもの頃見ていた単純でキラキラな世界と暗くて怖い世界。複雑なものなんて何もなくて、すべてに全力で向き合っていたあの頃。寝る前に観る映画としては最高。私にも、どうか、素晴らしい夢を。
mazda620の感想・評価
身長7メートルの巨人のおじいちゃん、BIG FRIENDLY GIANTとひとりぼっちの女の子がロンドンを救う物語。
夢と魔法、冒険とイマジネーション、ディズニーが作り出すエンターテイメントに欠かせない要素。そのコンセプト通りにつくられたような映画。なのに何かがたりない。
不思議なキャラクター、謎の食べ物、キラキラした宝物みたいな色使い、好奇心旺盛の主人公、ファンタジックな世界。全てディズニーらしいポイントだけど、形だけの物語だったように思う。児童文学だろうと、魅力的なおとぎの世界を進んだ先にある、心を動かされる何かがないとただの空想世界になってしまう。空想と夢は似ているようで奥深さが全然違うと思うのだけど、その線引きができてなかったように思う。
キャラクターの掘り下げがすごく甘い。孤児院で暮らす、ひとりぼっちという理由だけで選ばれた女の子ソフィー。うーん、雑な出逢い方。。明るく好奇心旺盛な性格から孤独というよりは1人の女の子という印象で、彼女がひとりぼっちだとわかるヒントは孤児院で暮らしてるということくらい。
冒険物語は冒険や出逢いのなかで、前の自分と違う成長した自分が少なからず最後に感じられるから、物語として面白い。その出逢いをきっかけに成長のチャンスをつかむことこそ、希望があり夢に溢れてると思う。
この物語は巨体のわりにあまり強くないBFGが、小さな体の女の子に大きく動かされる、どちらかといえば...
Julianna_Gianniの感想・評価
もう、ホッコリする✧* 。の一言に尽きる!!
ふわ〜って心が温まる映画、凄く好き。

ストーリーはとても単純で、ちょっと勝気で大人びた女の子ソフィーが、夢を集める巨人:ソフィー命名''BFG''に攫われて、冒険して、女の子も巨人BFGも成長する話。

別に大人が観てもハラハラしないし、頭も使わないし、大きな盛り上がりがあるわけでもない、号泣する映画でもない。
...でもでも、それでも凄く良かった!!
心の疲れが洗い流される、正にデトックス的な映画。
幻想的な映像で色彩も美しくて、ジョン・ウィリアムズの音楽はもの凄〜〜〜く美しくて、ソフィーとBFGの友情も胸にじんわりクる。
愛おしい、めっちゃ優しい映画。
疲れた時はコレ1本!ってなリフレッシュ映画として、また観たい映画リスト入り。
ciatrをフォロー: