BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント

作品情報

原題 THE BFG
製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年9月17日
製作国 アメリカ
上映時間 118分
ジャンル SF・ファンタジー

あらすじ

ロンドンに暮らす、好奇心旺盛な10歳の少女ソフィー。ある真夜中、彼女は窓から侵入した “巨大な手”によってベッドから毛布ごと持ち上げられて、“巨人の国”に連れ去られてしまう。ソフィーを連れて行ったのは、夜ごと子供たちに“夢”を送り届ける、やさしい巨人BFG(=ビッグ・フレンドリー・ジャイアント)だった。 ひとりぼっちだったソフィーは、巨人にしては優しすぎる孤独なBFGと心を通わせ、いつしかふたりの間には身長差6メートルの“奇妙な絆”が生まれてゆく。しかし、BFGとは正反対の凶暴な巨人たちによる恐るべき計画が…。このままではイギリスの子供たちが危ない──。この危機を救う唯一の鍵は、何事も恐れない小さな少女ソフィーの勇気だった…。

新着感想・ネタバレ

Julianna_Gianniの感想・評価
もう、ホッコリする✧* 。の一言に尽きる!!
ふわ〜って心が温まる映画、凄く好き。

ストーリーはとても単純で、ちょっと勝気で大人びた女の子ソフィーが、夢を集める巨人:ソフィー命名''BFG''に攫われて、冒険して、女の子も巨人BFGも成長する話。

別に大人が観てもハラハラしないし、頭も使わないし、大きな盛り上がりがあるわけでもない、号泣する映画でもない。
...でもでも、それでも凄く良かった!!
心の疲れが洗い流される、正にデトックス的な映画。
幻想的な映像で色彩も美しくて、ジョン・ウィリアムズの音楽はもの凄〜〜〜く美しくて、ソフィーとBFGの友情も胸にじんわりクる。
愛おしい、めっちゃ優しい映画。
疲れた時はコレ1本!ってなリフレッシュ映画として、また観たい映画リスト入り。
HMworldtravellerの感想・評価
煉瓦や石畳など重厚感漂うイギリス・ロンドンの街並み。街が寝静まる夜、闇の中を縫うように走る大きな影。パノラマ画を見ているような広がりのある映像の中 少女を連れてBFGが巨人の国へ駆けて行く様は、どこか ウェンディを連れてネバーランドへ向かうピーターパンを彷彿とさせる。BFGのビジュアルはE.Tを人類風に進化させ巨大化したようにも見える。

考えてみるとイギリスは時代を超えて世界中の人々から愛され続けるファンタジーや児童文学が多い。『ハリー・ポッター』『くまのパディントン』『ピーター・パン』『メリー・ポピンズ』『不思議の国のアリス』『ピーターラビット』・・etc。特にロンドンを舞台としたものに魔法や摩訶不思議な世界観が多く見られるのは、曇天や霧に包まれがちなこの街のミステリアスな空気も影響しているのだと思う。

誰もが子供の頃にきっと一度は考えたことがあるだろう 巨人の国や小人の国、魔法や不思議な能力、自分が住む場所とは違う世界。そんな空想や夢のエッセンスを拾い集めて凝縮したような物語。夢を集めては調合し 夢を届けて回るBFGは、武骨な温かさと ちょっとイタいユーモアを併せ持つキャラ。探検してみたくなる彼の住む洞窟のような家。ガラスポットに入れられたカラフルな夢のかけら達。さいはてを思わせる野趣溢れる大地。美しい映像と音楽が未知の世界への好奇心や冒険心をくすぐる。

だが、ダイナミックな映像に釘付け...
toshibakuonの感想・評価
スピルバーグ×ディズニー。ブリッシオブスパイにも出てたマーク・ライランスが巨人を演じているのだけど表情がとても良い。ソフィー役の子はオーディションで選ばれたらしいけど愛くるしい感じでとても新鮮味があった。希望と夢がたくさん含まれているのはディズニーのお得意なところだし色々な夢がビンに詰められているのは素敵なシーンだった。ぷっぷくぷー飲んでみたいな(笑)
ciatrをフォロー: