リトル・ボーイ 小さなボクと戦争

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争

作品情報

原題 Little Boy
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年8月27日
製作国 アメリカ
上映時間 106分

あらすじ

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との時間。しかし、その父が徴兵されることに。一度は絶望したペッパーだったが、町の司祭とその友人である日系人・ハシモトの力を借りて、戦場からの“父親奪還大作戦”が始まった! 少年の一途な想いは、海を越えて父親へと届くのか。

新着感想・ネタバレ

mazda620の感想・評価
対日戦争に徴兵された父の帰りを待つアメリカ人の男の子、小さな背にコンプレックスをもつリトルボーイ。
前情報ほぼ無しで観たのでてっきり戦争映画だと思っていたらメインはそこではなかった。「小さな僕と戦争」とは彼が日常でたたかってるもの、いじめ、コンプレックス、父のいない寂しさ。戦争で戦っているのは兵士だけではない。
少年にとって父は父以上に友達であり、相棒だった。そばにいてくれれば、自分の身近な嫌な現実だってへっちゃらだった。そんな父がいない生活は苦しいけど彼が成長する初めてのきっかけだったと思う。結局父が帰ってくる方法は終戦しかなく、彼がどうにかして解決することではない。でも大切なのは、頑張っている父に対して自分は何ができるかと考える姿勢、彼は小さいけどそれをきちんとわかっていた。信じていても願いが叶わないことだってあるし、神様にお願いしても届かないものは届かない。でもその信じるきもちの強さというのは周りに影響を与えるし、必ずどこかで相手に伝わっている。決して自己満足な行動じゃない。
ハシモトの『信じるのは勇気がいること』という言葉が背中を押すようにあたたかく優しかった。信じるって目の前の現実と向き合わなければできないこと、けれどその向き合うというのがどれほど難しいことか。戦争という場所とはまた違った、残されたものにしかわからない苦しみがある。弱い気持ちがあっては前を向けないし、...
ShogoNaramotoの感想・評価
アメリカのNetflixにあったので鑑賞してみた!
Netflixの評価も高くてどんなもんかと見てみたら、案の定面白かったよ

あらすじは戦争で父親と離れた少年が、父親が帰ってくることを祈って、いろいろやるんだよね。

その中で日本人のおっさんと仲良くなろうとするんだけど、当時は戦後間もなくて日本人のおっさんは町中から嫌われてて、いろいろ大変なんだよ

まぁこのおっさんを通していろいろ学んでいくんだけど、それが絶妙によくて泣けた

見てみるといいよ!
ciatrをフォロー: