ひと夏のファンタジア

ひと夏のファンタジア

作品情報

原題 A Midsummer's Fantasia
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年6月25日
製作国 日本・韓国
上映時間 96分

新着感想・ネタバレ

Ryosuke_Ohbaの感想・評価
私の第三の故郷、奈良を舞台にした作品。奈良を舞台にした作品は、映画も漫画も小説もそう多くないので、奈良と聞いただけで観たくなってしまうところはあります。

日本語のわからない韓国の監督が日本を舞台に、日本語を中心とした作品を撮るというチャレンジングな企画です。

作品は白黒のドキュメンタリータッチのチャプター1と、カラーのラブストーリーのチャプター2の2部構成となっています。

監督、キャストの舞台挨拶を見たのですが、撮り方が特殊で、後半のラブストーリーは脚本なしで撮ったとのこと。しかも20分の長回しなんかをやってます。そういう撮り方をしているがゆえに、構成がウェルメイドとは言いがたく、作り込んだ感のない作品に仕上がっていました。

素材をそのまま自然に描いているので、ノンバーバルな感情を垣間見ることができます。

どちらかと言うと、映画好き向きの作品ですね。それも、構成とかよりも撮影を重視する方は高評価になるのではないかと思いました。
ciatrをフォロー: