帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー

作品情報

原題 Er ist wieder da
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年6月17日
製作国 ドイツ
上映時間 116分

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

新着感想・ネタバレ

harryの感想・評価
この映画は原作から入ったのだけど、やはり本の方がストーリーが長く情報量も多いので、元々本でコメディの中に薄く散りばめられてた社会風刺が後半部に濃縮されている感じだった。その意味で本とテイストはやや異なるけど、よくまとまったいい映画だった。
tnht77の感想・評価
映画の中の設定もあって、ドキュメンタリー風になってるんだけど、それが良かった!
犯罪者だと言われてるけど、やっぱりそのぶん人を惹きつける魅力があるんだなって。
skr_icjの感想・評価
所々難しく、ドキュメンタリーのようで頭の中をを素通りしていったシーンがあったのだけど、いつの間にかヒトラーの周りの空気が出来上がっていた。笑って見ていたはずが恐怖へと変わっていく。現代でもヒトラーを同じ位置に立たせてしまう人間って、私たちって、一体。笑いと恐怖のバランスが丁度良いので、疲れはしないけれど後に残る。
ciatrをフォロー: