帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー

作品情報

原題 Er ist wieder da
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年6月17日
製作国 ドイツ
上映時間 116分

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

新着感想・ネタバレ

Yk2220sの感想・評価
EU、特にドイツが苦しんでいる移民問題など時事ネタや今のドイツをコミカルに描いています。
o325の感想・評価
2012年にタイムスリップしたアドルフ・ヒトラーが再び大衆の心を捉え始める...

面白い題材だなーと期待していたけど、んー...。
ドイツの、世界の悲惨な歴史をモノともしない、現在の問題にも積極的に突っ込んでいるのに、ブラックジョークがイマイチハマらなかったのか笑えない
風刺的な部分もあって方向性あるんだろうけど、相性が悪かったのか期待しすぎたのか

okdkstmpの感想・評価
これはジワジワ来る。風刺小説が原作とのことで確かに風刺の効いている感はあるが、いや天才でしょうヒトラー、というのが正直な感想。そして怖さも。もちろんフィクションなんだけど時節柄、今観ておいてよかった。
にしても、本国では原作も映画もヒットしたらしいけど、サテどういう風に捉えられたんだろう…。
ciatrをフォロー: