沈黙 サイレンス

沈黙 サイレンス

作品情報

原題 Silence
製作年 2016年
日本劇場公開日 2017年1月21日
製作国 アメリカ
上映時間 162分

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは 日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の 井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々。 守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは_。

新着感想・ネタバレ

Tanaka_Hirofumiの感想・評価
むろんいくらかの異同はあるものの、原作に忠実なので、自分にとってはかえって原作の素晴らしさが勝ってしまった。

それでも、命懸けで信仰を広めようとしたり守ろうとしたりする人間の強さや、過酷な現実の前に自分の信じているものが瓦解しそうになる葛藤に感動を覚える場面はあり、見ごたえのある作品でした。

宣教師たちからみた日本人の不気味さとか言葉の通じない異国の怖さみたいなものが序盤ただならない緊張感を生み出していてそれは映像化の成功だと思う。

窪塚のキチジローには期待大だったけどあまり印象に残らなかった。
potunenの感想・評価
面白かったけど、着地点は予想を超えず、なるほどな、と。でもこれ、よく考えたらすごく日本的なオチで、生粋?のクリスチャンからすると実は新鮮なのかも?と。さらに聖書に詳しい友人に尋ねたところ、聖書を読んだことがある人には旨味たっぷりの映画だということが判明。聖書と原作読んで出直します。
Kyohei_Fukubaの感想・評価
最初のタイトルクレジットの引き込み方が圧巻
2時間半以上を感じさせない引き込まれ具合
ずっと裏切りを繰り返していたキチジローが実は神の使いのような存在だったと気づいた時は納得しました
ポルトガル人が英語を話してることだけは違和感が拭いきれなかった
外国人監督が描いた日本の中でもっとも日本してた
「キリスト教」を信じるよりも「キリスト教の教え」を信じるようになったことが宗教の存在意義を示したと思った
ciatrをフォロー: