GANTZ:O

GANTZ:O

作品情報

製作年 2016年
日本劇場公開日 2016年10月14日
製作国 日本
上映時間 96分

あらすじ

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこととなる。曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ帰るため、死線を潜り抜けていく。やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる…!

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
まず始めに言いたいのは
「CGが先行き過ぎてほぼ実写!」
もう、本当にこの映像でもしVRだったらね、現実とバーチャルの境がなくなるのは時間の問題。本当すごい。
今の映像技術がここまで進歩しているなんて。昔プレイステーションやら64をやっていた時に比べるとかなりの進歩。
ましてやちゃんと読破した漫画のここまでクオリティーの高いアニメーションを観れるだけでも胸が熱い。
と言っても漫画とストーリーが異なって主人公は玄野じゃなく加藤。大阪メンバーの嫌な感じはそのままにストーリーで1番人気が高いと言われる大阪編。下手に実写でやるよりも全然見応えもあるしリアルで、僕の入ってたバーのママが「寄生獣とかさ、人がやらなくて良くな〜い?」と言ってたのにはすごく同意ができた。
何はともあれ、ハイクオリティーなCGを観るだけでも楽しめるしGANTZ好きな人にはより一層楽しめると思う。
nonadebuの感想・評価
西くんかわいいな〜
大阪編なのに大阪であまり盛り上がってなかった気がする
おもしろいのに
HMworldtravellerの感想・評価
サイバースペースと現実世界が交錯したような特異な世界観。次々に登場する妖怪達はフルCGによる描写のデジタル感と対極に位置するおどろおどろしく珍妙で怪奇なビジュアル。水木しげる先生の漫画に出てきそうないかにも日本由来な妖怪と、戦う戦士 中でも特に加藤君、岡八郎のワイルドなイケメンぶりとのギャップがいい(笑)。

原作未読でほとんど予備知識が無いままに平日のレイトショーにて鑑賞。当日のシアターの観客は圧倒的に男性が多く、会社帰りで スーツとパンプス + 一目でPCが入っているのがわかるバッグを持ち、バリキャリ風ないでたちの私は 浮いている感全開( ̄▽ ̄)。 それもこれもせっかく手に入れた1ヶ月フリーパスを有効に使いたい一心でのこと( ^ ^;)。この機会に普段観ないものも観なくっちゃ! コアなファンな方には申し訳ないほど何も知らず、それゆえ期待値も高くない状態で観たら これが意外におもしろかった。

最初から最後まで ほとんど休む間がない怒涛の闘い。日本昔話とSFとコミックを1つの鍋に突っ込んで煮込み、疾走感ある音楽をスパイスに効かせて仕上げた感じ。背景とか原因とか因果関係とかがほとんど説明されない潔さに爽快感さえ覚える。描写は冷静に考えればグロく残酷で見るに耐えないのだが、実写ではないせいなのか不思議とあまり気にならない。ゲームのようでありながらも「必ず帰る」というポリシー化した信念のあるキャラが良かった。

原作読者だからこその楽しみ方もあるのだろうけど、私のような無知識な観客でもそれなりに楽しめた。フリーパスさまさま(*^^* )。

ciatrをフォロー: