ザ・ギフト

ザ・ギフト

作品情報

原題 The Gift
製作年 2015年
日本劇場公開日 2016年10月28日
製作国 アメリカ
上映時間 108分

新着感想・ネタバレ

igagurichanの感想・評価
初っ端から不安になるカメラワーク。
高台に立つ、広いガラス張りのモダンな家。冷え冷えとした感じが観客を不安にさせる。
タイトル後、すぐに「何だか気持ち悪い」と気が付く。
ギフトを次々と贈ってくる人物は、何らかのメッセージを送っているのがわかる。
それを受け取る夫婦。
奥さんは不器用にまた不審ともとれる彼の行動を、普通の人間なら嫌悪で撥ね付けそうなものなのに、彼の気持ちを汲み取ろうとしていた。
慣れない土地の暮らしだったから…?いや、何らかのシンパシーを彼から感じ取ったのだろう。
逆に男と同級生の夫が当初からやけに落ち着かないのも伏線だった。

「いいことの多くは悪いことから生まれる」
「悪い出来事も自分へのギフトになるかも」

ラスト、真相は闇の中だ。
だけど彼は何度もチャンスを与えたし、嫌な事は見て見ない振りをして自欲に溺れる男は自業自得だろう。
被害者が加害者に感じるであろう
「同じ気持ちを味わえ」と。1、2、3。

レンタル店では「ホラー」ってパッケージに書いてあったけど、ヒューマンドラマ寄りのサイコスリラーな感じ。面白かった!
ciatrをフォロー: