ボヴァリー夫人 (2014)

ボヴァリー夫人 (2014)

作品情報

原題 Madame Bovary
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年7月17日
製作国 ドイツ・ベルギー・アメリカ
上映時間 119分

新着感想・ネタバレ

YU66の感想・評価
長い原作を映画では観やすくまとめられています。
結婚に期待して、夫に期待して、浮気相手に期待して、満たされない気持ちは浮気相手や買い物で発散するボヴァリー夫人の気持ちはよく理解出来ます。ただ修道院を出たにも関わらず強欲で自分勝手過ぎるところが痛々しい。
点数が伸び悩んだのは、ミアワシコウスカが綺麗ですがボヴァリー夫人らしくなく私的にミスキャストでした。〝ボヴァリー夫人とパン屋〟のジェマアータートンが素晴らし過ぎたからです。まだまだミアワシコウスカはイノセントなイメージです。
ciatrをフォロー: