ハングリー・ハーツ

ハングリー・ハーツ

作品情報

原題 Hungry Hearts
製作年 2014年
日本劇場公開日 2016年10月15日
製作国 イタリア
上映時間 109分

あらすじ

ニューヨークで運命的に出会い、恋に落ちたジュードとミナ。やがて結婚し、2人の間には可愛い男の子が産まれる。それは幸せな人生の輝かしい始まり――のはずだった。しかし息子の誕生後、独自の育て方にこだわり神経質になってゆくミナは、息子が口にするもの、触れるものに対して次第に敵意と恐怖心を露わにし始める。やがてその攻撃の矛先は、医者や友人そしてジュードの母親、更にはジュード本人にまで向けられてゆくが、彼はそんな妻の異常とも取れる頑なな愛情を、何とか理解し、支えようとする。しかしその結果、息子の体が徐々に変調をきたし始めたことで、ジュードは遂にある決断を迫られる。果たして、その答えの先に、彼らを待ち受けるものとは―。

新着感想・ネタバレ

EllyMimyの感想・評価
2人は出会い、恋に落ち、結婚して、やがて赤ちゃんが産まれて…

と、途中まではほのぼのしているのですが、急展開が起こります。
妻が何かを信仰というか、極端な考えを持っているため、産まれた息子を可愛がり過ぎて、その育て方がおかしく常軌を逸していき、全体的にスリリングで気分の悪い展開になり、観て居てハラハラはするけれど、終始気分が最悪でした。
でも映画としてはよく出来ています。2度と観たくはないですが。
ciatrをフォロー: