愚行録



愚行録

作品情報

製作年 2017年
日本劇場公開日 2017年2月18日
製作国 日本

あらすじ

エリートサラリーマンの夫、美人で完璧な妻、そして可愛い一人娘の田向たこう一家。絵に描いたように幸せな家族を襲った一家惨殺事件は迷宮入りしたまま一年が過ぎた。週刊誌の記者である田中 (妻夫木 聡)は、改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始する。 殺害された夫・田向たこう浩樹 (小出恵介) の会社同僚の渡辺正人 (眞島秀和) 。 妻・友希恵 (松本若菜) の大学同期であった宮村淳子 (臼田あさ美) 。 その淳子の恋人であった尾形孝之 (中村倫也) 。 そして、大学時代の浩樹と付き合っていた稲村恵美 (市川由衣) 。 ところが、関係者たちの証言から浮かび上がってきたのは、 理想的と思われた夫婦の見た目からはかけ離れた実像、そして、 証言者たち自らの思いもよらない姿であった。 その一方で、田中も問題を抱えている。 妹の光子 (満島ひかり) が育児放棄の疑いで逮捕されていたのだ――

新着感想・ネタバレ

Tanaka_Hirofumiの感想・評価
冒頭、どうあったってユージュアルサスぺクツを想起させられるわけですが、「真実の行方」とか「セブン」とか名だたるクライムサスペンスの名作と比べても見劣りしない出来だったと思う。

妻夫木さんと満島さんは私が男性女性それぞれの日本のトップアクターだと思っていた時期もあったくらい好きで(近年あたりはずれに食傷気味)、彼彼女の魅力は抑えてきた感情を吐き出すときの迫真ぶりだと思うのですが、本作ではあくまで抑制し続けるという演技に成功していてやはり実力派と思わされました。
Rihoの感想・評価
ひたすらズーーーンってなる映画。一ミリも笑えないし、一ミリも幸せな気分にはなれません。重い。。ひたすら重いです。
ドキドキするサスペンスかなと思って観に行って、オフィス北野って出た瞬間、あれ?違うかも??とは思ったけど(笑)
最近本を読んだり映画を観たら、性善説に依った作品か、性悪説に依った作品か、考えてるんですが、これは100-0で性悪説に依った作品です。人間は忌まわしい生き物。その思いが溢れ出ている。
ここで終わってくれるなよ…!というところで終わったので、ある意味素晴らしいなと。せっかちなので映画を見てると、あとどのくらいかなと考えるけれど、これは考えなかった。なんとか救われてくれと思ったまま、物語が終わった。。
原作が気になって調べたら、”三度の衝撃”は原作のほうが凄そう。原作読みたい!と思った。イヤミスとして完成度が高い。
撮り方すごく凝っていて、雨のシーンとか素敵でした。
カルテットでも思ったけど、満島ひかりは生きづらそうな女性にめちゃくちゃハマってる。本当にすごい。。あーカルテット終わったのが辛い。。
この作品は。とにかく暗いし重いし、胸糞悪いですが、嫌いじゃなかったです。
yuma-nagaの感想・評価
胸糞映画
ストーリーの伏線回収がおもしろい
作り込まれている
みんな愚か
ciatrをフォロー: