愚行録



愚行録

作品情報

製作年 2017年
日本劇場公開日 2017年2月18日
製作国 日本

あらすじ

エリートサラリーマンの夫、美人で完璧な妻、そして可愛い一人娘の田向たこう一家。絵に描いたように幸せな家族を襲った一家惨殺事件は迷宮入りしたまま一年が過ぎた。週刊誌の記者である田中 (妻夫木 聡)は、改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始する。 殺害された夫・田向たこう浩樹 (小出恵介) の会社同僚の渡辺正人 (眞島秀和) 。 妻・友希恵 (松本若菜) の大学同期であった宮村淳子 (臼田あさ美) 。 その淳子の恋人であった尾形孝之 (中村倫也) 。 そして、大学時代の浩樹と付き合っていた稲村恵美 (市川由衣) 。 ところが、関係者たちの証言から浮かび上がってきたのは、 理想的と思われた夫婦の見た目からはかけ離れた実像、そして、 証言者たち自らの思いもよらない姿であった。 その一方で、田中も問題を抱えている。 妹の光子 (満島ひかり) が育児放棄の疑いで逮捕されていたのだ――

新着感想・ネタバレ

wakamewattsの感想・評価
大学時代の四俣関係がやがて社会人になってから、殺人事件に発展する。一人の男に4人の女達の奪い合い。犯人は未解決のまま。取材を進めるとそれぞれに殺意の動悸が見られる。犯人は誰なのか。しかし、この映画動きがなくセリフの多いわかりにくい。眠たくなる映画だった。(#17-025)
Tomo_Hayakawaの感想・評価
2017.02.20 映画館
maipoteの感想・評価
タイトルが話の芯を通っていて好きです。物凄く細かい人間観察に基づくミステリーで、見てる途中は引き付けられました。ラストは「まさか」となりますし、音楽も良いし、映像も素敵だと思います。映像に関して言えば、要所要所でシンメトリーな表現の多いところが特徴的でした。観た後は、重苦しい気分になること間違いなしです。「人間って一体・・・」という風に考えさせられる映画が好きな方は気に入ると思います。

人が愚かさを積み重ねて今を生きる、そのテーマを真正面から切り取った良い映画です。
ciatrをフォロー: