CASINO カジノ (2008)

CASINO カジノ (2008)

作品情報

製作年 2008年
日本劇場公開日 2008年3月31日
製作国 日本

新着感想・ネタバレ

Kaorinの感想・評価
ラスベガスの裏映画!ドロドロ汚くて輝いてて良かった!デニーロの趣味が恐ろしほど悪くてダサくて衝撃を受ける…ジョー・ペシさんは相変わらずの狂犬ぶりで見てて面白い。
シャロン・ストーンは我が儘で強欲で性格悪すぎてアル中ヤク中で早く死ねよ。と思った。
物凄く綺麗なのに最後の逮捕前のキレッぷりは凄すぎて笑ったw
NaoSho1103の感想・評価
主演:ロバート・デニーロ、主演女優:シャロン・ストーン。ラスベガスのカジノの話。たいそう堅固な体制の裏世界も柱1本崩れると、文字どおりサイコロのように転がってしまうという。酒と女とギャンブルの怖さを感じた。内容も濃く、瞬きを忘れるほど緊迫するシーンも少なくなかった。終始ギャング達のカッコ良さも見えた。
tamago3の感想・評価
マフィアに雇われているロバート・デニーロがカジノ経営でのし上がっていく。 シャロン・ストーンと結婚するが最後には命まで狙われる。 脚本がしっかりしており見応えのある映画だった。
ciatrをフォロー: