ラスト、コーション

ラスト、コーション

作品情報

原題 色,戒
製作年 2007年
日本劇場公開日 2008年2月2日
製作国 アメリカ・台湾・中国・香港
上映時間 158分

新着感想・ネタバレ

Hiroko__Hiramatsuの感想・評価
生か死かという極限に置かれた、王精衛政権下のスパイの大ボス易と、その命を狙うために遣わされた王佳芝のラブストーリーに仕上がっていた。原作の小説を読んだ時は、この2人が、お互いに対してどういう思いを抱いているのか掴みにくかったが、一つの解答を示された感じ。
1940年代の上海がよく描かれていたと思う。人力車に付けられた風車が印象に残った。
HMworldtravellerの感想・評価
中国人でありながら日本軍のバックにある特務機関の人間ゆえ誰も信用できないという特異な立場にある男と、国にとって裏切り者であるその男の暗殺を企む抗日運動の学生集団の一味の女。2人の感情の生々しい交錯を見せつけられた後でのあの最後に、自分でも説明のできない涙が出てしまった。

敵を愛してしまうという、スパイものや特務機関員を扱った映画によくある古典的なストーリーながら、クールな感じは微塵も無く、人間の愚かさ脆さ、男と女の普遍的な駆け引きがネチっこく露わに映し出されている。2人の密会は、嘘や疑心暗鬼が蔓延する戦時下の占領地域の特殊任務で孤高を強いられギリギリのところで生きている男にとって唯一人間らしくいられる時間。女は女で普段決して外には出さない男の寂寥感や孤独を知るにつれて、最も愛してはいけない相手だからこそ余計に惹かれ深みにハマり、任務上の策略であったはずの関係に気持ちが伴い始めてしまった。

過激な性描写が取り沙汰されがちですが、あのシーンが無かったらこの映画は成り立たないと思うし、あのシーンこそが2人の際どい精神状態や情念のぶつかり合い、疑心暗鬼と情愛のせめぎ合い、真意と偽りの複雑な絡まりを表すところなので、私は少しも行き過ぎだとは思いませんでした。むしろ、激しさが逆に孤独を紡ぐようで胸をエグられるような切ない気持ちになりました。

トニー・レオンは何とも言えない滲み出るような色...
ririri511の感想・評価
トニー・レオンかっこよかった。 スパイとして貶めるつもりだったのに憎しみが愛に変わってしまったという複雑な男女の絡みが良かった。
女優の脇毛には少しビックリした(笑)
ciatrをフォロー: