ヒトラーの贋札

ヒトラーの贋札

作品情報

原題 Die Falscher, The Counterfeiter
日本劇場公開日 2008年1月19日
製作国 ドイツ オーストリア

新着感想・ネタバレ

Hironari_Yoshimatsuの感想・評価
southpumpkinの感想・評価
贋札造りのプロであるユダヤ人がナチスに囚われ贋札造りをさせられる、という話。割とありきたりな人間ドラマかな、と思いきや最後の着地が素晴らしくよかった。主人公は自分が生きるために贋札造りに積極的なのですが、一人だけそれに積極的ではない人間がいます。彼はナチスのいう通りにしたくない一心で贋札造りを阻止するんですが、それが原因で仲間内で揉めるわけです。彼が最後どうなるか、大きな見所の一つです。おすすめ。
ところでこの作品が代表作となっている監督ですが、デビュー作のホラー映画『アナトミー』が個人的にどハマりした映画なのでこちらも併せてオススメです。
Takako_Sugiyamaの感想・評価
ナチスものは本当につらい。
いつ殺されるかわからない中で、国家の言いなりになり、体に番号つけられて、最後は番号に救われる瞬間もあり…。不条理だ。
ciatrをフォロー: