僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンチェルト

作品情報

新着感想・ネタバレ

0c_0oの感想・評価
ラストと手紙のシーンは感動もの。
whentheycryの感想・評価
ヴィトスは心身は12歳の年相応の少年だけど他の大人を遥かに凌駕する頭脳を持ってる。天才故の苦しみから逃げるために普通の子のフリをしたり、その裏では大人でも想像つかないような大きなことをやってのけているのが見ていて楽しい。

優しいおじいちゃんと、癒しルックスのヴィトス、それにヴィトス役のテオ・ゲオルギューくんが実際に弾いて魅せるピアノが素敵。

まだ12歳だからどうしたらいいかわからないし、親も子のためと思いながらも間違えちゃうけど、ヴィトスがオーケストラのコンチェルトのようにみんなの事を考えていい方向に持って行ってくれる愛情のこもった素敵な映画でした。
chihoの感想・評価
いい意味で予想を裏切られた。(邦題のせいだと思うの)
12歳の少年ヴィトスの天才であるが故の苦悩と成長の物語。
この映画のすごいところは主役が本当に弾いてるってこと!
もうピアノ弾いてるときの彼、いっちゃってるね!指がいっちゃってる!
派手さはないし、おだやかに話は進んでいくけどラストは音楽映画らしく爽やかな感動に包まれる素敵な映画でした。
ciatrをフォロー: