ONCE ダブリンの街角で

ONCE ダブリンの街角で

作品情報

新着感想・ネタバレ

shortpeacehorseの感想・評価
本当にツボだった「はじまりのうた」について少し調べるとこの作品の情報がポンと出てきた。監督が同じなだけでなく、ストーリーの芯もかなり近い作品とのこと。

「はじまりのうた」がかなりストライクだったうえに僕は元々ケルトの音楽が大好き、ダブリンの街角なんて文字を見たらもうたまらなかった。絶対に観ようと心に決めてから半年近く経ちようやく鑑賞。

いやー、かなりシブい作品だった。まさに「はじまりのうた」と表裏一体と言えるような映画。あちらが光ならこちらは影。あちらがマーベルならこちらはDC。あちらがリトルマーメイドならこちらは人魚姫。あちらがブレイブストーリーならこちらは英雄の書。あちらが、ってしつこいな。

良い意味でも悪い意味でもドラマチックな「はじまりのうた」に対して非常にリアリティのある作りな「once」。やり取りや掛け合いも人間くさく、ぎこちない(演技がという意味ではないです)。寒々しいダブリンの街並みがピッタリとストーリーや雰囲気に調和している。

同じ監督が同じような作品を撮ると『焼き直し』云々の批判を受ける事がままあるけれど、この二作品に対して僕はそう思わない。寧ろ二作品共に世へ出た事でお互いの味がより鮮明に感じられるようになったとさえ思う、これだけ似たシルエットから全く違う表現が出来る才能の証明だとも。
potunenの感想・評価
カメラワークとか色彩とかは「はじまりのうた」「シングストリート」の方が良くできてるのは分かるんやけど、このちょっと荒い作りが逆にリアルでグッときた。また主人公の声がいい。ラストも秀逸。
Shingo_Matsushimaの感想・評価
映画全体がミュージックビデオで流し観できる。曲も声もいいので観心地が良かった。
ciatrをフォロー: