ブレードランナー ファイナル・カット

ブレードランナー ファイナル・カット

作品情報

原題 Blade Runner: The Final Cut
日本劇場公開日 2007年11月17日
製作国 アメリカ

新着感想・ネタバレ

ShogoIokuの感想・評価
うどん屋の大将が変な日本語言ってる。
mayakiの感想・評価
SF映画の金字塔。

見た目は人間と区別のつかないレプリカント(人造人間)を処刑するために結成されたブレードランナーとして再び働くよう要請されたデッカード(ハリソンフォード)。植民惑星から脱走し、地球に紛れ込んだレプリカントの捜索を始めるが…。

2019年が舞台ということでしたが、日本満載でちょっと不思議な雰囲気。
レプリカントとやり合う主人公が主人公の割にびっくりするほど弱いのは、レプリカントと人間の対比なんだろうなぁと感じました。が、調べたら主人公が◯◯という説もあるようで。。

SF苦手な私でも楽しめる作品でした。
ciatrをフォロー: