ナイト ミュージアム

ナイト ミュージアム

作品情報

原題 Night at the Museum
製作年 2006年
日本劇場公開日 2007年3月17日
製作国 アメリカ
上映時間 108分

あらすじ

何をやってもうまくいかないバツイチの失業男ラリー。別れた妻の再婚にとまどう彼にとって、離れて暮らす最愛の息子との接点を失うのは堪え難いことだった。息子を失望させないためにも職探しに奔走する彼は、自然史博物館で夜警の仕事に就く。恐竜の骨や動物のはく製、太古の彫刻、ジオラマや人形が並ぶ、そこは夜のとばりが降りると、もう一つの顔を覗かせる。そう、これらが生命を宿らせ、館内狭しと動き出すのだ! とどまるところを知らない混乱に、ラリーは唖然・呆然とするばかり。その上、この博物館ではある怪しい計画が密かに進行していた。ラリーはこの混乱を収め、博物館を守ることができるのか!?

新着感想・ネタバレ

theskinheadsの感想・評価
フン、こんな映画観てやるもんか。と思っていたけど、テレビで放送した時にわりとすんなりと観て、笑った覚えがある。
世の中には色んな補正がある、女性アスリートが可愛く見えるスポーツ補正、過去の体験がやたら良いものとして捉えられる思い出補正、そして年の離れた兄と一緒に映画を観ると面白く思えちゃう兄弟補正ね。
なんとなくハードルを下げて観れるからだろうか。この映画が観たい!いつ公開なんだ、、、日本での公開はまだなのか!みたいな感じで観ようもんならワクワクでハードルが上がりきってるわけで、こんなの僕の趣味には会いそうにないよ、あぁでもなに?お兄ちゃん観るの?なら俺も観よっかな〜っていうほぼ地面と一体化したハードルを越えるのは容易い。
しかしだ!
なんだ面白いじゃん!2も楽しみ!なんてなってしまったら一巻の終わりだ。
低いハードルを越えただけであって面白いと錯覚しているだけの可能性が高いからだ。
でも、星4つつけちゃお
Shinya_Agoの感想・評価
記録用
Masaki_Yoshikawaの感想・評価
マグライトとの出会い
ciatrをフォロー: