グエムル 漢江の怪物

グエムル 漢江の怪物

作品情報

原題 괴물 / THE HOST
製作年 2006年
日本劇場公開日 2006年9月2日
製作国 韓国
上映時間 120分

新着感想・ネタバレ

southpumpkinの感想・評価
韓国の漢江に怪物が出現、主人公の娘は連れ去られてしまう。四人一家は勢揃いし、娘を探しに向かうのだった。
韓国で大ヒットした怪獣映画。基本構成は一般的なモンスターパニック映画ですが、B級に止まらない映画であるように感じました。その一つに"自国(韓国)の社会風刺"が挙げられます。これは日本でヒットした『シン・ゴジラ』と全く同じ。日本人の僕が観て気づくのは、米軍に対するヘイトですが、本国の人が見れば納得のシーンなども多いはずです。もう一つには韓国ノワールの息吹を感じるところ。もちろんストーリーにはノワールもないのですが、乾いた色彩や、ゆっくりと舐めるようなカメラワークなど、この辺りは韓国映画を牽引しているとも言えるポン・ジュノお得意のものでしょう。想像ですが「怪獣映画を撮ってくれ!好きなように作っていいから!」という、ロマンポルノばりの依頼があったような想像ができます。
これらの理由により、ちょっと洒落たパニック映画のように見え、それ以上でもそれ以下でもないような印象を受けたので星は3です。ペ・ドゥナがマジのマジで可愛い。
sogo_hiroakiの感想・評価
がっつり救われない映画( ̄▽ ̄)
halu1211の感想・評価
記録用
ciatrをフォロー: