ブレス・レス

ブレス・レス

作品情報

新着感想・ネタバレ

misaki14yamaの感想・評価
ジャン=リュック・ゴダール監督『勝手にしやがれ』のリメイク、というか焼き直し。『勝手にしやがれ』は個人的に思い入れも強く大好きな映画のひとつなのでハリウッドのリメイクなんてどうなのよ?と疑ってかかってましたがどうもすいません!という感じです、これはオススメ。大まかなあらすじはほとんど同じだけど、原作でジーン・セバーグが演じるヒロインと、本作でヴァレリー・カプリスキーの演じるそれとは、立場は同じようでも中身はまったくの別物。セバーグの一貫したしたたかさも、カプリスキーの愛に揺らめく姿も、どちらも女性の特徴でありわたしは好きです。後者で言えば、男性は女性のああいう理屈でどうこう説明できない部分にイラッとするものなんでしょうか?リチャード・ギアも色気たっぷり。全体的にテンポが良く、フランス映画が見事にアメリカナイズされ小気味良し、ラストシーンやその映像の切り方なんかも最高でした。原作は元ネタ程度で、別の作品ぐらいに思ったほうがいいかもしれません。
ciatrをフォロー: