僕のニューヨークライフ

僕のニューヨークライフ

作品情報

新着感想・ネタバレ

Yoshiokaの感想・評価
2015/5/15
Anything Else
tategotoの感想・評価
2008.3月に鑑賞
ウディ・アレン好き〜
928uhenの感想・評価
2014/02/10
ウディアレン祭り
2003年作。若きコメディライターが、自由奔放な恋人や、精神分析医や、一風変わった同僚で友人(ウディアレンのことです)に振り回されたりするニューヨークでの日々を綴る映画です。
精神分析医のシーンなど、すごく風刺が効いていて面白い。セントラルパークを移すところで映りまくる走ってる人たちにも、何か意味を添えているのでは、と勘ぐりたくなります。
ラストは若きライターがニューヨークを飛び出し羽ばたいて行くシーンで締めくくられます。そしてこの映画以降、常にニューヨークを舞台にしてきたウディアレンは、ロンドン三部作、そればかりか、バルセロナやローマ、パリをテーマに映画を撮っていきます。
「僕のニューヨークライフ」の前年作、「さよならさよならハリウッド」とならんで、何処か彼の意志の表明、アメリカとの決別とも思えて、励まされる内容の映画です。
ciatrをフォロー: