ホールドアップダウン

ホールドアップダウン

作品情報

新着感想・ネタバレ

lovev6_okdの感想・評価
レンタルで。SABU監督。
V6十周年を記念して上映された作品。

めまぐるしく変わっていくシーンに爽快感と新鮮さを感じた。
目を離しているとストーリーについていけなくなるような不思議な感覚だ。

六人いるキーポイントの人物がいるが、その中で一番焦点を当てているのは平松だと思う。
自分自身に責任を感じ、絶望にくれている平松が最後には笑顔を見せるのだ。
最後の乱闘シーンはきっと平松の空想でしかない。
それに辿り着くまでのいろいろな出来事は全て最後に繋がっている。
それが面白いと思った。
jetsetの感想・評価
2007?
DVDで
okd_lovev6の感想・評価
V6メンバー六人主演の十周年を記念して作られた映画。
今起こったことを考えさせないような素早い場面転換が新しいと思った。

六人それぞれが際立つようにされているが、中でも焦点を当てているのは剛くんだと思う。最後の方のシーンでは廃墟な筈のホテルで事件に関わってる霊ではないはずのメンバー達と戦う。しかし、戦いが終わった時には戦っていたメンバー達の姿がない…。
それは剛くん自身にあった自分自身の罪が晴れたのかな?と思うことができた。

ciatrをフォロー: