スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

作品情報

原題 STAR WARS:EPISODE III REVENGE OF THE SITH
製作年 2005年
日本劇場公開日 2005年7月9日
製作国 アメリカ
上映時間 141分
ジャンル SF・ファンタジー>SF>宇宙

関連まとめ

新着感想・ネタバレ

Munenori_Tanitujiの感想・評価
アナキンがベーダーになるのはびびった
Karin_Yokoyamaの感想・評価
私はオビワンの味方だから、すごく切ないいいいい
mazda620の感想・評価
アナキンスカイウォーカーの滅亡とダースベーダーの誕生のエピソード3。
一言にまとめるなら悲しい以外何ものでもない今作。もう絶望的すぎて何も言えません。
誰かを愛しすぎるきもちの空回り、失いたくないという素直なきもちが悪い方向にどんどん導いていく。もしかしたらどこかでその選択に迷いがあったのかもしれないけど、それでもその誤った選択をとめられないほどの憎しみが強すぎて、愛を超越した恨み憎しみ、それらをぶつける場所がない結果、自分自信で善の感情を殺してしまったようなもの。
とくにマスターウィンドゥが大好きだったので彼の最後は見てられなかった。アナキンもウィンドゥも好きだからこそものすごく複雑なシーン。
好きとかいっていいのかわからないくらい悲しさでいっぱいだけどますますダースベーダーが好きになった。絶対的な悪でしかないんだけど爆発しそうなくらい感情の塊で、顔がわからなくなっても心は、アナキンのままで、純粋すぎるゆえの誤ちだということがわかりすぎて、否定できない自分がいる。
取り返しのつかない自体に悲しみしかないけど最後のルークとレイアの誕生でしめくくるってところがエピソード3の全てなんだと思う。この絶望的以外何もない2時間20分に少しだけ光がさして、未来が見えて、真っ暗すぎる世界がまだ終わりじゃないことを教えてくれる。2人の誕生に感動してウルっとくる。ダースベーダーファンだからこそ、この2人に託したくなる。ダースベーダーの結末を知っていても未来に期待したくなる。エピソード3から『新たなる希望』は始まってると思う。
ciatrをフォロー: