珈琲時光

珈琲時光

作品情報

新着感想・ネタバレ

Maaaaaaboouの感想・評価
なかなか良い作品でした。“珈琲を味わうときのように、気持ちを落ち着け、心をリセットし、これからのことを見つめるためのひととき”というテーマで撮られた映画のようです。小津安二郎のオマージュ的な作品でもあるようですが、見たことないのでこんど見てみよ。
物語に起伏はなく、映像に感情的な要素はなく、ただただ客観的に町(東京の下町)と主人公(一青窈)を映し出していて、そこが良かった。見ながら自分の世界に浸れたし、ぼーっといろいろ考えれた。一青窈の演技はとても自然。浅野忠信は素晴らしい。
yaswitchの感想・評価
ずいぶん前に観た。もう内容覚えてない。
Naoko_Kanehiraの感想・評価
まるでドキュメントかのような空気感と一青窈の演技。
インパクトのある内容ではないけど、古本屋で静かに流れる時間とか、両親と囲む食卓とか、何気ない日常の一コマが記憶に残る不思議な作品。
ciatrをフォロー: