4月の涙

4月の涙

作品情報

新着感想・ネタバレ

tategotoの感想・評価
2013.2月に鑑賞
okdkstmpの感想・評価
1918年、ロシアから独立直後のフィンランドにおける、右派の白衛軍(ドイツ・スウェーデンの支援を受けた有産階級)と左派の赤衛軍(ロシアの支援を受けた労働者階級)による内戦の物語。
この辺りの歴史的背景に詳しくないせいか、あまり入り込めなかった。なので、戦争は悲惨だね、っていう感じではなく、真逆の立場に居る男と女の恋愛の話、という印象に。とは言っても決して軽い映画ではない。
ヒロインの力強い演技はなかなか。
manikademonikaの感想・評価
初っ端から"すき"と
わかるほど好みな雰囲気。
いたる場面がハガキにできるような綺麗な画。ストップしたい、ずっと観てたい綺麗さ。
観た後ズシン。

ciatrをフォロー: