21グラム

21グラム

作品情報

原題 21 Grams
製作年 2003年
日本劇場公開日 2004年6月5日
製作国 アメリカ
上映時間 124分
ジャンル スリラー>クライム

新着感想・ネタバレ

tetsuakiの感想・評価
2回目の観賞。
1回目の観賞時より抜群に評価が上がり面白く感じた!

3人の人生が複雑に交錯し、時系列も前後する。
前半は解りづらく退屈。後半にかけ徐々に点が線に繋がり、パズルを組み立てていく面白さ!

作品の構成力と、3人の役者の演技力に魅せられた\(^o^)/

21グラムにしては重過ぎる映画でした(^o^)v


mazda620の感想・評価
どんな人間にも死なれたら困るって言う存在がいる、今すぐ死んでほしいって誰かが思うクソな奴にも、愛する人がいて、その人を必要とする人がいる。みんな交わって生きてる。自分の人生だけど、自分だけの人生じゃないから。自分の人生の先にさらにたくさんの人が交差していてそこからはみでてる人間なんていない。だからどんな犯罪者も、どんな醜い人間も、子供も大人も、その先に誰かが繋がってる限り、なくなってもいい人生なんてない。
人は死ぬと21グラム体重が減る。
私たちが人生で得てきたもの、抱えてるもの、数字なんかで現わせるほど容易い価値ではない。悲しみの量も怒りの大きさも愛するきもちも計り知れないし、短い人生も長い人生も、どんな人間のどんな人生であっても、誰かと比べれるものじゃない。同じ21gでもそれぞれの21gがあるはずだから。その重さが何をさしてるかはわからないけど、そのたった21gに私たちの人生は支えられているってこと。たった21gの重さは言葉であらわせれないほどのものだと思う。

「母さんが死んだ時、この世は終わりでもう立ち直れないと思った。それでも人生は続くんだよ」お父さんの言葉がこの映画の全てだと思う。死にたくなるくらい苦しくても、生きてるから生き続ける。
イニャリトゥは息子を亡くしているそうで、この言葉は映画の言葉じゃなく彼のストレートな言葉に聞こえた。彼の映画はどれも父親の想いが印象的だけど息子さんを愛するきもちからきてるのかなって思う。彼の人生は続いているから、これからもずっと映画を撮り続けるんだろうな。観てよかった。
HMworldtravellerの感想・評価
【いろんな重さと意味がある それぞれの21グラム】失われた命、受け継がれる命、救われる命、芽生えた命、人の手で生み出す命、人の手で潰された命。

死ぬと失われるという21グラム。言い換えれば21グラムは「生」そのものであり、生きるということだ。21グラムというタイトルが示すとおり、生と命の重みが描かれていた。ある事故をきっかけに、交わるはずのなかった3人の人生が交錯し運命が変転する。加害者と被害者、臓器提供者と受容者。1つ1つの小さな出来事と それが積み重なって必然的に起こる出来事、更に偶然やタイミングがそこに加わり人生の流れが変わってゆく。

自分が、自分の人生の当事者として、自分の日々の生き方を振り返る時にはあまり意識しないけれど、こうして映画で誰かの人生を俯瞰的に見ていると「人生、自分の意思でコントロールできることってかなり限られているんだな...。」と思ったりした。もちろん意思の力で変えられること、自分のdecision次第なこともある。けれど、自分が生まれるタイミングや見知らぬ人との出会いを自分で操り 決めることはできないし、 親や性別や人種も選べない。本作はそういうテーマを追求する映画ではないけれど、1つの事故が起こした運命の変化を見て、何が変えられる未来で 何が神のみぞ知る運命なのか思いを馳せるうちに そもそも論にまで考えが及んだのである。

そしてまた、こんなことも思った。「神のみぞ知る」の...
ciatrをフォロー: