ミッシング

ミッシング

作品情報

原題 THE CROSSING, La Traversee
日本劇場公開日 2011年11月30日
製作国 フランス

監督・スタッフ・キャスト

新着感想・ネタバレ

taichimachimaの感想・評価
wikiのページがない映画を観たのは久しぶりでした。
ある島で失踪した女の子が2年後に発見される。しかし少女は口がきけなくなっていた・・・
とまあありがちな設定です。それこそ先日観た「永遠のこどもたち」に似ていたので、なんでまたコッチ系の映画借りてしまったんだろう・・・と軽く後悔しましたが、なかなかの良作でした。
こういう映画ってラスト15分ぐらいで怒涛の種明かし的展開がデフォだと思うんですが、この映画はなんていうんでしょう、淡々と謎が解け始めるちょっと変わった仕上がりになってます。いいか悪いか別として、新鮮な映画でした。
whentheycryの感想・評価
こういうのが好きだからある程度エンディングが読めてしまうけどそれでも二転三転させられて面白い。
ローラ役の女の子を含めてナイス演技だった。
ただ、最後に説明を全部集約させちゃっまから情報量が多くて追いつかなくてノアとローラが結局関係あったのかなかったのかわかんない感じになってしまった。
結局ノアの言う"男の子"はローラじゃないよね?
まぁ、あれ全部"仮説"って言ってたからなぁ。

むしろこれを推理するものとして見るのはストーリーの設定上違うような気もする。
ciatrをフォロー: