ビッグ・フィッシュの感想・評価・ネタバレ

3.9
683
160

Big Fish 2004年5月15日公開 アメリカ

ciatrをフォロー:

感想・評価・ネタバレ

Pit7775Pitの感想・評価
父の奇想天外な話を幼少期から聞かされ育った息子。しかし歳とともにそれは疑いに変わり、やがて父に反抗し口を利かない父子の関係になった。

数年後母から父が余命わずかと知らされ
会いに行く。
そこで繰り広げられる父の話。
やがて嘘の中にも真実が混ざっていることを知り父がどれほど母と息子を愛していたかを知る。

ラストの息子が嘘の物語を語り始める所からのラストは一気に鳥肌がたった。

これまで自分の生涯に関わった人々に見送られ別の場所へ。素敵な作品でした。
Satoko_Suzukiの感想・評価
原作は別な人ではあるけど、ファンタジーの世界を愛するティム・バートンが映画化すべき物語でした。

嘘つき呼ばわりされていた、自分も疑っていた父親の死後に、語ろうとしていた真実を突き止める息子。
自分もいつの間にか、息子目線になっていて、たどり着いた真実に、涙が止まらない、、、という結果に、ティッシュなしでは観られませんでした。
ああ、ファンタジー(おとぎ話)の起源ってこんなものなのかもなあ〜って思いました。

この「父と息子の邂逅」というテーマは、このあと、「チャーリーとチョコレート工場」や、最新作「アリス・イン・ワンダーランド〜時間の旅」に引き継がれていきます。
guterKuchenの感想・評価
大好きな映画。ティムバートン独特のファンタジーテイストもあり、ストーリーも感動的でほっこりして、定期的に見返したくなる映画。この映画でユアンの大ファンになりました!!あの笑顔最高!*\(^o^)/*!♡
Waonの感想・評価
2016.01.27[17作目]
DVD。TSUTAYA発掘良品。かっこいい、きれいな映画だった。映像的にも、ストーリー的にも。特に色が特徴的だった。
0tane152の感想・評価
最初と最後をつなぐと映画が首尾一貫することを初めてわからせてくれた
zackeyの感想・評価
森の映画祭で、夜空の下、寝袋にくるまって観た。星空と同じくらい綺麗な映画だった。ストーリーテラーっていうのかな?の父と息子の話。といっても半分はその父の語り。

どうせなら楽しい方がいいと思い、多少の冗談もなんのその、根底に人を幸せにしたいという気持ちがあれば、自然と人はついてくるのものなのか。

パパの話はどこからどこまでがウソ?ホント?と思う。

ラストは大粒の涙がぽろぽろ止まらなかった…

自分の人生の終わりは?美しい人生の終わりについて、考えた。


タイムリーにベトナム戦争を取り扱った展示を見ていた(ディンQレというアーティスト)
ベトナム戦争では敵国の作物を枯らすべく撒かれた薬により、あんな感じで繋がった子どもが生まれてしまう。そんな悲しい恐ろしい事実があることを知ったんだけど、ティムからしたらそういう人間は興味津々友達にして楽しくやろうやって…感じなんだろうな。

namizumishiの感想・評価
昔観たからあんま覚えてないんだけど、映像がきれいすぎて感動して、心温まる話だったのはおぼろげに覚えてる。また見直そうかな。
chibinaochinの感想・評価
また観直そうかな
Masataka_Asiの感想・評価
やさしいに溢れた映画でした。
Soichiro__Muramotoの感想・評価
とても刺激があって優しい、見返したくなる映画のひとつ。
空想癖のある父と現実的な息子とのお話。
はじめは溝がありつつも徐々に理解する過程が気持ち良い。
こんな空想めっちゃいいじゃないですか。
AI_Kitamuraの感想・評価
観たけど覚えてない
mano_faceの感想・評価
この映画から得た教訓は多い。タイトル的にも現実から少し離れたファンタジーではあるが、人が大切にすべきポイントがしっかりと描写されている。一番好きな映画のうちの一つ。
dkb_7ncyの感想・評価
多くの嘘は人を傷つけるけど、なかには優しい嘘もある。
嘘が優しければ優しいほど、人は信じたくなる。
そうなると、その嘘はもはや真実なのかもしれない。
ビッグフイッシュ。
簡単に言うと、父子の話。
もっと簡単に言うと、愛の話。
mopicoの感想・評価
naonaonao48の感想・評価
ティム・バートンのファンじゃないからやっぱり熱狂的に入り込むことはなかったけど、、ユアン・マクレガーがかっこいいことを知った。
eru3の感想・評価
DVD:2015.07.29

2回目。ビッグフィッシュ。
綺麗でちょっと不思議な雰囲気がいい。
お花がいっぱいのとことか、見つけた小さい町とか、色がきれいですてき。
Hiromi_Haradaの感想・評価
とにかく大好きな映画。これをきっかけに映画好きになったんじゃないかなってくらい、すごく惚れ込んだ作品。
taicyopuyoの感想・評価
ファンタジーの中にリアル。そう、ファンタジックリアリズムシネマだ!
Ayano_Jinnouchiの感想・評価
素敵なファンタジーの世界観に魅了されました
kinoshitaaaaaaの感想・評価
自分の父親がついていた嘘、「元阪神の柏原と一緒に甲子園に行った」(後に父親は定時制だったことが発覚)を思い出しました。
KuRooNeKoの感想・評価
優しい気持ちになるんじゃあ
Yuusuke_Yamanakaの感想・評価
ティムバートンの空想物だと思ってなめてた…。すごい良かったよ、めっちゃ泣いた。人生を振り返る系の映画はやっぱり来るなぁ、自分の感覚とか感性とか大事にしていきたいです。
スティーブブシェミが今回珍しく死ななかったのも良かったポイントです。
Chinatsu_Fukudaの感想・評価
好きなシーンがいくつもある。
Doraの感想・評価
名作だった。わくわくするファンタジーを読み聞かせのような感覚で味わうことができる。その一つ一つの話だけでも面白い。それらを元に進む対照的に何とも現実的な実際の世界が素晴らしく最後まで導いていく。夢なのか現実なのか分からないもどかしさの中で物語を楽しんでいたが、それが最後収束していく流れに圧倒されてしまった。物語を語り継ぐことによるストーリーの変化の美徳を感じさせる。btwマリオンコティヤールの美貌にやられてしまいそう。
Lamu_427の感想・評価
本気で泣かされました。
ストーリーも本当に素晴らしい上に、衣装や風景の世界観も本当にステキだった。
絵本を読んでいるようなファンタジーの中に人間の葛藤が入っている。本当に観てよかった。
hachimitsunoirの感想・評価
完全なおとぎ話じゃなくて、所々が作り話、となっているのがいい。
本当は何の変哲もないことを、おとぎ話のように膨らませて話しているのが現実味を持たせていて、ただのファンタジーではないと思わせてくれる。
ユアン・マクレガーはこういう青年の役が本当に似合う。恋に落ちた表情をさせたら宇宙一のような気がする。きっと純粋に楽しみながら演じていたんだろうな。
ヘレナ・ボナム=カーターも流石と言わざるを得ない演じ分け。奇抜な役ばかり見ていたので、ボブヘアと薄化粧が新鮮で可愛く感じた。
あとはユアンとヘレナの子供時代を演じた子役がどことなく2人に似ていたのに細かいなぁと思わされた。ユアン役の子なんてホクロは勿論のこと、額のおできまであった。
ティム・バートンの作品ではビッグ・フィッシュが一番のお気に入りです。
pegasusの感想・評価
"You are like Santa clause and the Easter bunny combined, just as charming and just as fake"

"You become what you always were, a very big fish"


saayooの感想・評価
ティムバートンで一番好きかも。ユニークさロマンチックさいろんな要素をうまくミックスさせたちょっぴりファンタジーな世界。
Hiroe_Hagiharaの感想・評価
エマストーン
irisshokoの感想・評価
最初はよくわからなくて、話が進むにつれてなんなんだこれはっていう感情が大きくなったけど、最後!最後は涙出た!!感動!!
お父さんのことを受け入れてなんだかんだで二人で最後は物語作って、やっとひとつになった。
そしてみんなお伽話で空想上の人だとおもってたのに、まさかの大集合。正夢!
ティムバートンらしいユニークでぶっとんだお話、でも感動!涙あり!心があたたかくなる!そんな素敵なお話。